現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1トップの座を狙うルノー「2019年の最大の目標は53馬力のパワー差を大幅に縮めること」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.10

F1トップの座を狙うルノー「2019年の最大の目標は53馬力のパワー差を大幅に縮めること」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1のマネージングディレクター、シリル・アビテブールは、トップのポジションを目指していくなかで、2019年にはメルセデスやフェラーリとのパワーの差を大幅に縮めることを目標にすると語った。

 2019年、ルノーはF1でワークスチームとしての活動を再開してから4年目を迎える。2018年にルノーはビッグ3といわれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルに続く、コンストラクターズ選手権4位を獲得した。しかし、パワーユニット(PU/エンジン)についても、シャシーについても、トップチームより劣っており、今のギャップを縮めていく必要があると、アビテブールは考えている。

    F1王者メルセデス、2019年パワーユニット開発に「小さな挫折」

「決勝ではエンジンパワーに関する(上位との)ギャップは15~20キロワット(20~27馬力)だ。これは、状況によってはレッドブルのシャシーなら補うことができるものだった」とアビテブールが述べたとAuto Motor und Sportが伝えた。

「だが予選時のギャップは、我々の推定では40キロワット(53馬力)に上る。これは大きな違いだ」

「メルセデスかフェラーリのカスタマーエンジンを搭載していれば、我々はアブダビで予選7番手を獲得していただろう」とアビテブールは言う。

「我々のシャシーは(中団の)ライバルたちより優れているが、一方でトップ3チームには及ばないと考えている」

 ビリー・シャティヨンのエンジニアたちは、2019年シーズンに向け、パワーユニットの開発に全力で取り組み、信頼性とパワーを向上させることを目指していく。

「まずはエンジン開発を重点的に行っていく」とアビテブール。
「来年は、『予選で(メルセデスやフェラーリと)パワーが違いすぎる』などという発言をもうしたくない。冬の間、エンジンに関してメルセデスやフェラーリとのギャップを縮められない理由は見当たらない。シャシーに関しては、もう少し時間がかかるだろうが」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dor*****|2018/12/11 11:13

    違反報告

     昔のように、作ったら載せてデーターを取って、作ったら載せてデーターを取る。なーんて事が出来ればドンドン差は縮められるかも知れません。広がるかも知れません。まさに開発戦争になります。
     今は、シミュレーションの繰り返しで中々先に進みませんね。革新的な発見でも無い限り追いつくのは難しいかも…
     パワー、耐久性、等々を見極めている内に3ヶ月…。年間に3位かな?バージョンアップ。
     相手が年3回バージョンアップするとして、4回以上バージョンアップが出来る程ルノーって資金が有るのかな?
  • tak*****|2018/12/11 06:54

    違反報告

    ゴーンへ払う予定だった大金を開発費へ回せられたらね

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します