現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトンはスーパーバイクでも”速すぎ”た? そのスピードを周囲が心配

ここから本文です
スポーツ 2018.12.10

ハミルトンはスーパーバイクでも”速すぎ”た? そのスピードを周囲が心配

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーバイク世界選手権(WSBK)でヤマハのワークスチームに所属するマイケル・ファン・デル・マークは、スーパーバイクテストに参加したF1王者ルイス・ハミルトンについて、そのスピードが危険だと感じたと明かした。

 ハミルトンは今月初め、ヘレスで行われたスーパーバイクのテストに参加。ヤマハのWSBKチームを運営するクレッセントの下、カラーリングの施されていないヤマハYZF-R1を走らせた。

    ■MotoGPの”伝説”V.ロッシ、スーパーバイクをテストしたF1王者ハミルトンを自らの拠点『ランチ』にご招待「次は僕とトレーニングだ」

 ファン・デル・マークは「ルイスはすでに、自分のバイクでトラックを2日間走ったことがあったけど、そのスピードをチームの人々は少し心配していた」とmotorsport.comに語った。

「彼は非常に速かったけど、ライディングスタイルは持っていなかった。彼はバイクをかなり倒し込んでいて、チームからヒントを得ようとしていることが分かった」

「初日は僕がルイスとふたりで、2日目からはチームメイトのアレックス・ロウズが加わった」

「初日は、ただ彼を少し遅くしようとしていた。彼は全く恐れていなかったし、自分のF1マシンと同じくらい速くコーナーを曲がろうとしたから、彼を止めなければいけなかったんだ」

「2日目は、彼のスタイルに合わせてたくさん走った」

 実際、ハミルトンは小さなクラッシュを喫したものの、幸い怪我はなく走行を継続している。

「ただ楽しいだけじゃなくて、彼は学ぼうという意欲が高かったんだ」とファン・デル・マークは続けた。

「彼はたくさん僕に訪ねてきた。それは特別なことだった」

「ただの娯楽だと思うかもしれないが、彼にとってはそうじゃなかった。彼は正しいことをしたがっていたし、可能な限りたくさん学習したがっていた」

 今季、WSBKでランキング3位となったファン・デル・マークは、もしハミルトンがフルタイムでバイクレースに参戦した場合、どれほどの競争力を持てるのかについて、推測を避けた。

「彼は恐れることはないと思う。それに迷いもないだろう。ちょっとした迷いを持つライダーはたくさんいるけど、そうすると決めたら、彼はそれを一生懸命やるはずだ」

「それは4輪でも同じだし、彼の生まれつきの才能だ。でも彼がどれだけ速いライダーになるかは分からない」

「今よりはるかに速くなれるとは思うけど、バイクに乗って何を成し遂げられるか、予測するのは難しい」

「今の彼はトラックでバイクを走らせた経験も浅く、僕たちよりも7秒遅かった。でも、日常的にトラックを走っている大半のライダーよりも速い」

「彼に特別な才能があることは分かるけど、彼がフルタイムでレースをしたいのかどうかは分からない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy, Ronald Vording)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します