現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 低迷からの復活期す”名門”ウイリアムズ「今のチームにはクビサの闘争精神が必要」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.10

低迷からの復活期す”名門”ウイリアムズ「今のチームにはクビサの闘争精神が必要」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズのチーム副代表を務めるクレア・ウイリアムズは、2018シーズンは厳しい結果に終わったチームが復活するためには、F1に復帰するロバート・クビサのファイティングスピリットが必要だと考えている。

 2011年のラリー事故により、右腕を切断しかける大怪我を負ったクビサだが、2019年のレースシートを掴み取り、ついにF1に復帰することになった。

    ■”10年ぶり”最新F1マシンがもてぎを走行。トロロッソ・ホンダの咆哮響く

 彼と契約したのは名門チームであるウイリアムズだが、今季はまさかの低迷。2017年は83ポイントを獲得していたが、今季はポイント獲得わずか2度、計7ポイントでコンストラクターズランキング最下位となった。

 クビサは、ウイリアムズのリザーブおよび開発ドライバーとして2018年を過ごした。クレア・ウイリアムズは「ロバートは今年、チームのために素晴らしい仕事をしてくれました」と称賛した。

「彼はリザーブドライバーとしての役割に本当に力を入れていましたし、彼はトラックでもとても良い仕事をしていました」

「しかし、来年はチームにとって新たなスタートです。私は今年、ロバートと多くの時間を過ごしました」

「私は彼と共にいることを楽しんでいましたし、彼のファイティングスピリットは、今のチームに必要なものです」

「私たち全員でプッシュする必要があります。ロバートは2019年以降、私たちにとって偉大な存在となるでしょう」

 クレア・ウイリアムズは、リザーブドライバーを務めたクビサの粘り強さと意思の強さがとても印象的だったという。

「ロバートに関して最も印象的だったのは、今年レースシートが得られなかったにも関わらず、リザーブドライバーとしての役目を果たしていたということです」

「それは彼の性格によるところが大きいでしょう。チームの裏方で一緒に仕事をしていたことが、来年レースをする上でとても貴重な経験になります」

「彼はチームスタッフを全員知っていて、全員とうまくやっています。彼は私たちのパフォーマンスを助けるために、ファクトリーで多くの時間を過ごしました」

 クビサは、タイトルスポンサーだったマルティニを失うチームに、重要なスポンサーももたらしている。2019年マシンのリヤウイング、ノーズ、エアボックス、ミラーに、ポーランドの燃料会社『PKN ORLEN』のロゴが入るのだ。

 33歳と決して若くないクビサだが、ウイリアムズにとってチームの評価基準において1番の選択肢だったという。

「彼は完全に準備ができています。私たちの評価プロセスでは彼がトップでした」

「他の多くの要因も考慮し、最高の才能を確保することができました」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します