現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2018年シーズン不振のマクラーレンF1。要因は「一貫したリーダーシップの欠如」とチーム代表

ここから本文です
スポーツ 2018.12.6

2018年シーズン不振のマクラーレンF1。要因は「一貫したリーダーシップの欠如」とチーム代表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンCEOのザック・ブラウンは、2018年シーズンにマクラーレンF1が陥ったパフォーマンス低下は、過去数年間チームが耐えてきた、リーダーシップの欠如による副産物だと考えている。

 ホンダとの3年間のパートナーシップが失敗に終わったことと、経営層の分裂から、マクラーレンは2017年シーズン末には痛々しい状況に陥った。

    アロンソとマクラーレン、2019年のインディ500はシボレーエンジンで参戦

 しかし、マクラーレンの長期にわたるトップであり株主でもあったロン・デニスの退任により、同社の指揮を取ることになったマーケティングの専門家であるブラウンの指示のもと、ルノーとのエンジンパートナーシップへの切り替えもあり、チームは復調が起きることを期待している。

 物事が進展していく一方で、チームのパフォーマンスは期待を大きく下回っていた。チームの状況を吟味し評価する上でブラウンは、マクラーレンの2018年の不振の背景にある理由について語った。

「我々をこの状況に置いた2018年シーズンの問題は、何年もかけて作られたものだ」とブラウンはスペインのEl Mundo Deportivoに率直に語った。

「要約すれば、我々には一貫したリーダーシップが欠けていたのだ」

「誰かを名指しすることはしたくない。しかしすべての面において経営陣から集中が欠けていた。投資、企業合併、経営陣の交代、エグゼクティブディレクターの交代、そして最終的には注意が欠けていたのだ」

「そうしたことが問題を作り出した。人々は明確な目標や責任を持たなくなってしまった」

 2018年シーズンの間、マクラーレンはすべてのレベルにおいて根本的な再編成に乗り出したが、パフォーマンスに有利な影響を及ぼすための結果が出るのが遅すぎた。しかしブラウンは、チームが新しい年を迎えることになり、今では強固な基盤に支えられていると主張する。

「2018年に我々は質の低いマシンを作った。我々は多くの才能ある人材を擁しており、20年以上も在籍している100名もの人々がいる。我々には正しい構造がなかったのだ。そこが我々が正したいところだ」

「我々は復調への道にある。マクラーレンのスタッフに話したように、良い結果が出る前には良い感触が得られるだろう」

「開発は順調に進んでいる。チームワーク、協業、コミュニケーション、そして責任があるのだ。以前はそうしたことすべてが不足していたが、今我々はうまくやっている」とブラウンは付け加えた。

「だが新しいマシンをコースに出すまで、人々は我々が成し遂げた改善を目にすることはできないだろう。今年は最低の時期だったと思う。復活するために懸命に取り組んでいるが、まだしばらくかかるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します