現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、2019年F1レギュレーションを一部変更へ。グリッド降格ペナルティの明確化や最低重量変更などで合意

ここから本文です
スポーツ 2018.12.6

FIA、2019年F1レギュレーションを一部変更へ。グリッド降格ペナルティの明確化や最低重量変更などで合意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAは、5日、世界モータースポーツ評議会会合を開催、2019年F1レギュレーションにいくつか変更を加えることを明らかにした。

 2018年最後の会合で、2019年F1カレンダーが正式に承認されるとともに、いくつかの規則変更について合意、承認されたことも発表された。

    2019年F1カレンダーが最終承認。史上最多タイ21戦、日本GPは10月13日開催が確定

 2019年F1スポーティングレギュレーションに関しては、以下の目的で変更を加えることで合意に達した。

・テストの際の燃料取扱手順をレースイベントと同様にする
・複数のペナルティが科された場合のグリッド確定の方法を明確にする
・セーフティカーがピットに戻った後、各マシンはコントロールラインに到達するまでイエローフラッグコンディション下にとどめられる
・2021年レギュレーションに従ったマシン開発のため、無制限のCFDシミュレーションが行われることを許可する

 2019年テクニカルレギュレーションについては、以下の修正を行うことを評議会は承認した。

・主にフロントウイングに関し、一部エリアをより明確化するため、第3条を修正
・重量制限を740kgから743kgに引き上げ、第4条を修正

 FIAは、詳細については追って公式サイト上で正式に明らかにすると述べている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します