現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランキング4位を逃したハースF1、経験不足が敗因も「我々はまだ3年目。学習している」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.4

ランキング4位を逃したハースF1、経験不足が敗因も「我々はまだ3年目。学習している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、今シーズンのコンストラクターズランキング4位に届かなかったのは、チームの経験不足が最終的な理由だったと語った。

 ハースは開幕戦オーストラリアGPで驚愕のパフォーマンスを発揮。4位と5位でフィニッシュできる可能性がありながらも、ピットでのミスによりダブルリタイアとなった。その後も好不調の波があるシーズンを送りながら、ポイントを重ねていった。

    ■5連覇メルセデス、来季の混戦を覚悟「2009年のロス・ブラウンのように、誰かが抜け穴を見つけるかも」

 シーズン終盤は、トップ3チームに次ぐポジションであるコンストラクターズランキング4位をめぐり、ルノーと接戦を繰り広げた。しかし最終的に29ポイント差で敗れ、ランキング5位に終わった。

 シュタイナーは「我々が4位になれなかったのは、自分たち自身のせいだと思う」と説明した。

「これもチームの学習過程の一部だ。後悔はない」

「我々の参戦開始から、まだ3年しか経っていないことを忘れてはいけない。ランキング5位も素晴らしい結果だ」

「我々はプライベーターと呼べるチームの中でトップだ。上位はレッドブルを除いてワークスチームだし、レッドブルもワークスチームのように機能している」

「ランキング4位になれたという思いはあるが、それで何かが変わるわけでもない。だから5位に満足することにした」

 シュタイナーは、チームが犯したミスを悔いるのではなく、ミスから学び、2度と同じミスをしないことが重要だと語った。

「最初のミスが問題ないというわけではないが、大事なのはもう一度同じミスをしないということだ。それを学習というんだ」

「ピットストップも同じだ。オーストラリアでは大きなミスをしてしまったが、その後は問題なかったからこのポジションに居られる」

「オーストラリアの時よりピットが遅くなったとしても、確実にそれをこなすのが、自信を取り戻すまでは正しいことだ」

「誰かを責める者はいなかったし、改善するために外から見えない努力をたくさんしてきた。ミスをしたから改善してこれたし、今のチームは非常に良い状態だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します