現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ鈴鹿合同・ルーキーテストのエントリー更新。F2参戦のマイニがドライブへ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.4

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同・ルーキーテストのエントリー更新。F2参戦のマイニがドライブへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月4日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーションは、12月5~6日に鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラ(SF)の合同テスト・ルーキードライバーテストのエントリーリストについて追加分を掲載した。

 例年海外からも多くのドライバーが参加するこの合同・ルーキーテストだが、11月29日に最初のエントリーが発表された後、30日にITOCHU ENEX TEAM IMPULの2台が追加。一方、当初ニック・キャシディと山下健太の名が記されていたKONDO RACINGは2台ともにTBNとなっている。

    スーパーフォーミュラ合同・ルーキードライバーテストのエントリー発表。注目ドライバー多数

 そんなSF合同・ルーキーテストのエントリーに、新たに2名の外国人ドライバーが加えられることになった。ひとりは、インド人ドライバーのアルジュン・マイニで、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSの7号車か8号車のどちらかをドライブするとされている。

 マイニは弱冠20歳で、FIAヨーロピアンF3やGP3を経て、2018年にはトライデントからFIA F2に参戦。ランキング16位で終えている。

 一方REAL RACINGの17号車に名前が記されたのは、フランス人ドライバーでまだ18歳のトリスタン・シャルパンティエ。2016年にフランスのF4に参戦した後、2017~18年はタトゥース製シャシーで争われるBRDCイギリスF3にフォーテックから参戦。2018年はランキング12位で終えている。

 12月4日の時点で、KONDO RACINGの3/4号車、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの5/6号車、TEAM MUGENの15/16号車、VANTELIN TEAM TOM'Sの37号車はまだドライバー名の記載がない。テスト当日、誰がドライブするのか気になるところだ。

全日本スーパーフォーミュラ選手権
合同・ルーキードライバーテスト エントリーリスト(12/4)
No.DriverTeam/Engine3/4TBN/TBNKONDO Racing/TOYOTA5/6TBN/TBNDOCOMO TEAM DANDELION RACING/Honda7シャルル・ミレージ/ラルフ・アーロンUOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA7or8アルジュン・マイニUOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA8大嶋和也/片山義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA17トリスタン・シャルパンティエREAL RACING/Honda15/16TBN/TBNTEAM MUGEN/Honda18小林可夢偉carrozzeria Team KCMG/TOYOTA19関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL20平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL36/37中嶋一貴/TBNVANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA38/39石浦宏明/坪井翔JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA50ルーカス・アウアー/ハリソン・ニューエイB-Max Racing team/Honda64/65アレックス・パロウ/牧野任祐TCS NAKAJIMA RACING/Honda

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します