現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC、給油中のタイヤ交換を来季から再び禁止へ。ピット戦略の多様性求める

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

WEC、給油中のタイヤ交換を来季から再び禁止へ。ピット戦略の多様性求める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAは世界耐久選手権(WEC)において、給油作業中のタイヤ交換を再び禁止することを決めたようだ。

 1994年のル・マン24時間レースから、給油中にその他の作業をすることはレギュレーションで禁止されてきた。

    ■トヨタ2台の勝利を分けたピットタイミング。コンウェイ「7号車は幸運だった」|WEC上海6時間

 しかし今季の”スーパーシーズン”では、ピット作業をより短くすることでレースをドラマティックなものしようと、このルールが撤廃された。

 だが、タイヤ交換よりも給油作業の方が長くかかるため、ピットでの停止時間は給油時間に左右されることになった。各チームのタイヤ交換の正確性やスピードにより、差が生じなくなってしまったのだ。

 ピットストップがレースにおいて再び戦略的な役割を持てるよう、スーパーシーズンが終わった後、2019/20シーズンからは再び給油中のタイヤ交換が禁止されるようだ。

 レギュレーションの変更は、11月初めにFIAの耐久レース委員会で合意されており、12月のFIA世界モータースポーツ評議会で承認される予定だという。

 WECはまだ公式にこの決定を認めてはいないが、シリーズの関係者は給油中にタイヤ交換を許可するという新たな試みによって、戦略性が損なわれてしまっていることを認めている。

 ピットクルーがライバルよりも早くタイヤを交換すれば違いを生むことができるようになるため、各チームはこうした動きを支持しているようだ。

 フォードのチーム代表を務めるジョージ・ハワード-チャペルは、motorsport.comに次のように語った。

「ルール変更により、チームとメカニックが再びピットで競争できるようになる」

「つまりメカニックたちの努力により、前を走っていたマシンを追い抜くこともできるようになる。それは素晴らしいことだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzh*****|2018/12/03 19:58

    違反報告

    でもソレって……確かにピット作業も「モータースポーツ」の一部ではあるけれど、ファンからしたらクルマと性能とドライバーの力量以外の要素で勝敗が決まるってのはあまり嬉しくないです。1周当りコンマ3秒後続との差を広げてきたのに、20周後のピットイン作業失敗で7秒ロスしてチャラ、なんてのはね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します