現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピュアスポーツ『アルファロメオ4C』に、少量生産の希少限定車2モデルを設定

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

ピュアスポーツ『アルファロメオ4C』に、少量生産の希少限定車2モデルを設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルファロメオが、その108年にも及ぶ歴史のなかで連綿と受け継いできた軽量化設計の思想を、最先端の技術を駆使して具現化したピュアスポーツ『アルファロメオ4C/4Cスパイダー』に、専用ボディカラーなど様々な魅力ある装備を採用した2種類の限定車、『4C Competizione(コンペティツィオーネ)』と『4C Spider Italia(イタリア)』が登場。11月21日より先行予約受付が開始されている。

 最新世代ミッドシップスポーツとして軽量化を目指したボディシェルには、F1などからインスパイアされたカーボンファイバー製パッセンジャーセルやアルミニウムサブフレームなど豪華な軽量素材をふんだんに採用。

    2019年F1エントリーリストが発表。フェラーリなど5チームが名称変更、新ドライバーのレースナンバーも明らかに

 その結果、車両重量はクーペで1050kg、オープントップのスパイダーで1060kgという圧倒的な軽さを実現している。

 そのボディに最高出力240psを生み出す4気筒1750cc直噴ターボと6速の乾式デュアルクラッチ“Alfa TCT”を組み合わせ、0-100km/h加速のタイムはわずか4.5秒。さらにバネ下重量の軽減により、俊敏かつ軽快な操縦安定性を実現している。

 その『アルファロメオ4C/4Cスパイダー』に設定された今回の限定車は、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開され、今秋から世界各地での導入が開始されたモデルとなり、極少量の限定生産に留まるため、すでに希少価値の高さが確定した稀有な仕様となっている。

 クーペ(ベルリネッタ)ボディを採用する『4C Competizione(コンペティツィオーネ)』は、専用フロントバンパーやカーボン製のルーフパネルおよびリアスポイラー、ヴェスヴィオ・グレー・マットの専用ボディカラーを採用。
 一方の『4C Spider Italia(イタリア)』は、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、特別塗装となるイエローのブレーキキャリパーにミザーノ・ブルー・メタリックの専用ボディカラーを採用し、それぞれに専用スポーツサスペンションとデュアルモード付のアクラポビッチ(Akrapovic)製チタニウムセンターエキゾーストシステムを搭載するなど、ベースモデルから大きく差別化が図られている。

 またインテリアでも、コンペティツィオーネがレッドステッチ、イタリアがイエローステッチを特徴とするスポーツレザーステアリングやレザー・アルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなど、上質な素材を随所に採用。

 さらにセンターコンソールには、限定台数の内何台目に当たるのかを示す連番(シリアルナンバー)入りの専用バッジが各車両に添付され、イタリア・モデナの工場において手作りされる4Cのクラフトマンシップを表現した。

 世界限定少量生産で日本市場向けには4Cコンペティツィオーネが25台、4Cスパイダー・イタリアが15台の導入となる超希少モデルながら、両モデルともに左右ハンドル仕様が設定され、価格はそれぞれ1110万円となっている。

●公式サイト
https://www.alfaromeo-jp.com/models/4c/limited/4c-competizione/
https://www.alfaromeo-jp.com/models/4cspider/limited/4cspider-italia/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tom*****|2018/12/03 22:07

    違反報告

    4Cはヘッドライトがどうしても好きになれない
    世界的にはあれがカッコいいんですかねぇ
    私はどうも、ツブツブの集まりはキモい
    普通のライトでいいのに

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します