現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ加入のアルボン、レッドブルからの2度目のチャンスを喜ぶ「一時はレースをやめることも考えた」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

トロロッソ・ホンダ加入のアルボン、レッドブルからの2度目のチャンスを喜ぶ「一時はレースをやめることも考えた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アレクサンダー・アルボンは2012年にレッドブルのジュニアプログラムから放出された後、一時はレース活動を継続することを諦めそうになったと認めた。

 2018年F1最終戦アブダビGP後、アルボンがトロロッソ・ホンダの2019年フルタイムドライバーとして起用されたことが正式に発表された。2019年にF1に復帰するダニール・クビアトがチームメイトを務める。

    2019年F1エントリーリストが発表。フェラーリなど5チームが名称変更、新ドライバーのレースナンバーも明らかに

 今年のFIA F2選手権でランキング3位を獲得したアルボンには、F1昇格に十分見合う力があると考えられている。彼は2012年にレッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコによってジュニアドライバーに採用されたが、その後、傘下から外れていた。

 アルボンがレッドブルのサポートを受けていたのは1年のみのことで、彼はレッドブルのプログラムから放出された後、自身のモータースポーツでの将来に確信が持てない時期があったと認めた。

「とても辛かった。僕にとっていろいろな理由から厳しい1年だった。とりわけ自分の出した結果についてね。でもそのおかげで僕はより懸命に仕事に取り組むようになった」とアルボンは振り返る。

「レースを完全にやめようというところまできていた。でもその後、レースをするたびに強い印象を与えなければならないと分かった。そして幸運にもドクター・マルコが2度目のチャンスを与えてくれた」

 レッドブルから放出された後も、アルボンは集中して取り組みを続け、2016年のGP3でランキング2位を獲得、頭角を現した。この時、ARTのチームメイトだったのは、2018年にザウバーで印象的なF1デビューを果たし、2019年にフェラーリドライバーとなる、シャルル・ルクレールで、ルクレールは2016年のGP3でタイトルを獲得している。

 今年のF2シーズンにおけるアルボンのパフォーマンスを見て、マルコは彼が成長したことを確信したようだ。

「僕は(F1昇格を)諦めなかった。実現するだろうと信じる必要があったんだ」と22歳のアルボンは語った。

「そうは言っても、F1に行くチャンスはとても小さいことは分かっていた。僕には十分な資金もなかったしね」

「現実には、僕にはトロロッソ/レッドブルを通してチャンスを得るしか道がなかった。しかも皆知っているように、ドクター・マルコに強い印象を与えるのは簡単ではないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します