現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:オストベルグがシトロエンのシート失う。冠スポンサーの支援なくなり、シトロエンは2019年も苦戦か

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

WRC:オストベルグがシトロエンのシート失う。冠スポンサーの支援なくなり、シトロエンは2019年も苦戦か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のWRC世界ラリー選手権にシトロエンから参戦したマッズ・オストベルグが自身のTwitterで、2019年のシートを失ったことを明らかにしている。

 ノルウェー出身のオストベルグは、当初シトロエンから第2戦スウェーデンにのみスポット参戦する予定だったが、シーズン半ばに陣営のエースだったクリス・ミークが契約解除された影響で、急きょ第6戦ポルトガルから継続参戦を開始した。

    WRC:2年連続ランキング最下位のシトロエン、オジエ加入の2019年に向けて近日中にもテスト開始

 第8戦フィンランドでは総合2位を獲得する活躍をみせ、シーズンフル参戦ではなかったもののランキング10位を獲得したオストベルグだが、11月30日に自身のTwitterを更新し、2019年のシートを失ったことを報告した。

「ファンのみんなには残念なお知らせをしなくてはならない。2019年のWRCには参戦できないことになってしまった。気を取り直して戦い続けるよ」とオストベルグは記している。

「(WRCにフル参戦できなかったのは)今回が初めてではないから、もう一度やってみせる。まだまだラリードライバーとして終わりのときではない」

「正直に言えば、これまでのなかでもっともパフォーマンスのある状態だと思っているんだ。もしラリーカーやチームを持っている人がいれば声をかけて欲しい」

 シートを失った理由については明らかにしていないものの、一部ではシトロエンがタイトルスポンサーであるアブダビからの支援を2019年に限り失ったことが要因と報じられている。

 この影響で、チームは3台目のC3 WRCを用意できない見通しとされており、2018年シトロエンに唯一の総合優勝をもたらしたセバスチャン・ローブも参戦することはなくなったとされるほか、チームに移籍するセバスチャン・オジエ、エサペッカ・ラッピは苦しい戦いを強いられることになりそうだ。

 なお、2019年の支援を見送ったアブダビだが、2020年にはシトロエンへの支援を再開するものとみられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します