現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スズキ、『エスクード』を仕様変更し12月21日から発売。力強いデザインと先進安全装備を採用

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

スズキ、『エスクード』を仕様変更し12月21日から発売。力強いデザインと先進安全装備を採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月3日
プレスリリース

スズキ、コンパクトSUV『エスクード』を一部仕様変更して安全装備を充実

    プジョーの新世代フラッグシップ『508』が日本上陸、11月19日より発売開始

 スズキ株式会社は、コンパクトSUV『エスクード』を一部仕様変更し、スズキの予防安全技術“スズキ セーフティ サポート”を充実させて12月21日より発売する。

 このたび発売する一部仕様変更車では、衝突被害軽減ブレーキ“デュアルセンサーブレーキサポート”を搭載したほか、隣接車線の後方から接近する車両を検知する“ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]”、駐車場などで自車の後方左右から接近する車両を検知する“リヤクロストラフィックアラート”、全車速での追従機能を備えた“アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]”を標準装備して、予防安全性能を高めた。
 
 デザイン面では、外観はメッキフロントグリル、フロント・リヤバンパー、アルミホイール、リヤコンビネーションランプのデザインを一新し、より上質で力強い印象とした。
 
 内装はシート表皮、インパネガーニッシュ、センタークロックの意匠変更や、カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ、ソフトパッド(インストルメントパネル天面)を採用するなど、質感や先進性を向上させた。

『エスクード』は、欧州で徹底して走り込むことで実現した安定感のある足まわりを特長とし、新世代四輪制御システム“ALLGRIP(オールグリップ)”を採用。さまざまなシーンで優れた走破性を発揮し、街乗りからアウトドアレジャーまで幅広い用途に対応するコンパクトSUVである。

 ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売する。欧州、大洋州などでも『ビターラ(VITARA)』の名で販売しており、デザインや燃費性能、優れた走破性などで高い評価を得ている。

■販売目標台数(年間)
『エスクード』 1200台(国内)

■メーカー希望小売価格
265万8960円(税込)

*価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。
*クールホワイトパール塗装車は、2万1600円高。
*ブラック2トーンルーフ塗装車は、4万3200円高。

※1 WLTC=Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。



『エスクード』 一部仕様変更車の主な特長
■予防安全性能の向上
ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]を標準装備
・約15km/h以上で走行中、隣接車線の後方から接近する車両を検知し、検知側のドアミラーのインジケーターが点灯してドライバーにお知らせする。さらに、点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅と警報音で注意を促す。

リヤクロストラフィックアラートを標準装備
・駐車場などで自車が低速で後退しているとき、自車の後方左右から接近する車両を検知し、メーター内の表示と警報音で注意を促す。

アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]を標準装備
・追従走行の作動速度域を従来の「約40km/h以上」から「0km/h以上」へ拡大。追従走行中の先行車が停止すると自車も減速して停止し、先行車が2秒以内に発進した場合は追従走行を再開。先行車との速度差や車間距離を測定し、先行車がいなくなった場合はあらかじめ設定した速度(約40km/h~)で先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する。

デュアルセンサーブレーキサポートを標準装備
・単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載した。

力強い加速性能と燃費性能を両立した1.4L直噴ターボエンジン
・燃費とパワーを両立する1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジンを搭載。2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現し、街乗りから高速走行まで幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮。

・1速~6速の変速比幅が大きく、低速域では優れた発進加速性能、登坂性能を実現した6速AT(マニュアルモード付パドルシフト)を採用。高速域では優れた静粛性、燃費性能を発揮。

優れた走破性を実現する新世代四輪制御システム“ALLGRIP”
・“電子制御4WDシステム”“4モード走行切替機能”“車両運動協調制御システム”の、3つのテクノロジーからなるスズキ独自の新世代四輪制御システム“ALLGRIP”を採用。AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つのモードから選ぶことで、さまざまな走行シーンにおいて、優れた走破性と走行安定性を実現。

・エスクード専用制御を採用し、オフロードに多い前後2輪(対角輪)がスリップする路面状況での走破性を向上。LOCKモード選択時、さらに強力なブレーキ制御を行なうことでより高い悪路走破性を実現。

力強く上質で先進的なスタイル
エクステリア
・スモークメッキフロントグリル
・メッキフロントバンパーガーニッシュ
・ガンメタリックリヤバンパーアンダーガーニッシュ
・リヤコンビネーションランプ[LEDストップランプ]
・17インチアルミホイール[切削加工&ガンメタリック塗装]
・ブループロジェクターカバー付LEDヘッドランプ
・メッキLEDイルミネーションランプベゼル
・カラードドアミラー[ルーフ色と同色]
・遮音機能付フロントガラス
・車体色は新色の水色「アイスグレーイッシュブルーメタリック ブラック2トーンルーフ」をはじめ全6色を設定。

インテリア
・本革&スエード調シート表皮
・マルチインフォメーションディスプレイ[カラー]
・センタールーバーリング[サテンメッキ]
・サイドルーバーリング[サテンメッキ]
・センタークロック[サテンメッキガーニッシュ付]
・高輝度シルバーシフトゲートガーニッシュ
・高輝度シルバードアアームレストオーナメント(フロント、リヤ)
・ソフトパッド(インストルメントパネル天面)
・メーター、インパネガーニッシュ、センタークロック、本革巻きステアリングホイール意匠変更
・シフトブーツステッチ色をブラックに変更

スズキ・エスクードWEBカタログ:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jaz*****|2018/12/04 10:34

    違反報告

    最近の車は、色んな保護機器に囲まれてまるで運転手は
    幼稚園児のようだ。
  • dr_*****|2018/12/04 00:55

    違反報告

    エスクードとバレーノとS-CROSSは、現在のスズキの黒歴史

    アルトとイグニスのデザイナーに任せりゃいいのに、
    アジアの自動車新興国が作る安っぽい普及車みたいになっちまった。

    旧SX4と旧エスクードの方が、よっぽど良いデザインですよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します