現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1タイトル獲得後も勝利にこだわったハミルトンは「これまでとは別人のよう」とウォルフ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.2

F1タイトル獲得後も勝利にこだわったハミルトンは「これまでとは別人のよう」とウォルフ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年に5度目の世界タイトル獲得を獲得したルイス・ハミルトンは、シーズン終盤の数戦において別人のようだったと、メルセデスF1チームのトップを務めるトト・ウォルフが語っている。

 ハミルトンはメキシコGPでタイトル獲得を決め、スケジュールにあと2戦を残すところで最大のライバルであるセバスチャン・ベッテルを打ち負かした。

    SNS特集F1最終戦アブダビGP:アロンソ、ドーナツターンとハグでライバルに別れ。戦い終えたドライバー同士がヘルメット交換会

 しかしながらハミルトンは、タイトル獲得後のレースで勝てないという過去の例とは対照的に、ブラジルとアブダビで力強い勝利を収めてシーズンを締めくくった。そのパフォーマンスにウォルフは強い印象を受けたという。

「彼はドライバーズタイトルを獲得した後も、力強いドライビングを見せた」とウォルフは説明した。

「彼はチームにしっかりと組み込まれ、一丸となっているように思う。そしてドライバーズタイトルだけでは不完全だと感じたのだ」

「ドライバーとしては非常に変わっている。なぜなら彼らはドライバーズタイトルによって評価されるのに、彼はそれだけでは不十分で、チームタイトルも獲得する必要があると言ったのだ」

「彼の顔を見ていると、ドライバーズタイトルよりもコンストラクターズタイトルを獲得したときの方が、より安堵し満足した様子だった」

「そしてそれこそが、最後の最後まで彼がスロットルから足を離さなかった理由なのだ。それが新しいルイスということだ」

 ハミルトンは、タイトル獲得後にパフォーマンスを落とすことを良しとしなかったのは、強力な勢いを次のシーズンまで維持するためだと語った。
「今年は僕の人生のなかでも、どこか違う場所にいるような感じだった」とハミルトンは語った。

「限界までプッシュを続けたかった。限界を押し上げ、できればシーズンを最高の調子でフィニッシュしたかった。今年強力だった基盤をそのまま維持し、来年のスタートでも、それを活かせるようにしたい」

「過去も悪かったわけじゃない。タイトルを獲得した後に優勝できなかったことは、大した問題ではなかった。でも今年このような結果になったことには、本当に満足しているよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します