現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダが大型バイクVFR800F、VFR800Xのカラーリングを変更。ETC2.0車載器も標準装備し発売

ここから本文です
スポーツ 2018.11.30

ホンダが大型バイクVFR800F、VFR800Xのカラーリングを変更。ETC2.0車載器も標準装備し発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは11月30日、大型ツアラーモデル『VFR800F』と大型クロスオーバーモデル『VFR800X』のカラーバリエーションの変更とETC2.0車載器を標準装備し、Honda Dream(ホンダ・ドリーム)で発売すると発表した。

 VFR800FとVFR800Xは、V型4気筒800ccエンジンを搭載した大型バイク。今回、両モデルのカラーバリエーションが変更され、ETC2.0車載器を標準装備し発売することがアナウンス。

    ホンダのロングセラーモデルCB400SFにABSが標準装備。さらに新色追加で11月26日発売

 VFR800Fはカラーリングに、パールグレアホワイト(ストライプ)が追加され、従来のヴィクトリーレッドとの全2色。VFR800Xはキャンディープロミネンスレッドの1色となる。

 パールグレアホワイト(ストライプ)は1980年代にアメリカのレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」を彷彿とさせるカラーリングとして採用された。

 また、サイドカウルには、「INTERCEPTOR」のロゴが配置され、シルバーのフレームとパールホワイト塗装のホイールによりスポーティなイメージに仕上げたという。

 発売日は、VFR800Fのパールグレアホワイト(ストライプ)が2019年3月8日からで、価格は149万4720円(税込み)。

 VFR800FのヴィクトリーレッドとVFR800Xは12月14日から発売し、価格はVFR800F ヴィクトリーレッドが141万9120円(税込み)、VFR800Xが147万3120円(税込み)となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します