現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPヘレステスト、初日はドゥカティがワン・ツー。中上がホンダ最速の3番手タイムを記録

ここから本文です
スポーツ 2018.11.29

MotoGPヘレステスト、初日はドゥカティがワン・ツー。中上がホンダ最速の3番手タイムを記録

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月28日、スペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで、今年最後となるMotoGPクラスのオフィシャルテストがスタートした。

 初日はやや肌寒いものの天候にも恵まれ、ドライコンディションでテストは行われた。9時30分から17時30分までの8時間の予定で行われたが、コースインが始まったのは11時半ごろから。その後、お昼ごろからほとんどのライダーが走行を開始した。

    SBK:へレステストは王者レイがトップで終える。バウティスタがドゥカティ・パニガーレV4 Rで初走行

 初日のトップタイムを記録したのはダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)。ペトルッチは残り1時間を切った16時38分ごろに1分37秒968を記録、トータル53周を回り、44周目にファステストラップを記録した。

 2番手に1分38秒185でアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)が続き、ドゥカティのワークスチームが初日ワン・ツーで終えたが、ドヴィツィオーゾはこのタイムを記録した翌周の54周目、セクター1でファステストを更新してタイム短縮をねらったが、セクター2の5コーナーで転倒。これで初日の走行を切り上げた。ドヴィツィオーゾに大きなダメージはなかった模様。

 3番手に1分38秒348で中上貴晶(ホンダ)が続いた。中上は26周目の14時36分ごろに1分38秒667を記録して3番手に浮上。その後、他のライダーがタイムを更新し、6番手まで後退したが、残り1時間を切った57周目の16時41分ごろに1分38秒348を記録して2番手に浮上。その後、ドヴィツィオーゾに逆転されたものの、トータル66周を回り、トップのペトルッチからコンマ380差、ホンダ勢のトップとなる3番手で初日を終えた。中上は今シーズン、チームメイトのカル・クラッチロー(ホンダ)が駆っていたものと同仕様のマシンを手にし、ユーズドタイヤでもコンスタントなラップを重ねていた。なお、オーストラリアGPで負傷したクラッチローは今回のテストも欠場している。

 4番手に1分38秒376でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)。ビニャーレスは16時21分ごろに1分38秒376を記録してトップに浮上したが、ペトルッチ、ドヴィツィオーゾ、中上に逆転されて4番手。トータル58周を回り55周目にベストラップを記録した。

 マルク・マルケス(ホンダ)が1分38秒517で5番手に続いた。マルケスは14時30分ごろ、走行開始28周目にリーダーボードのトップに浮上したが、このタイムが初日のベストとなり、トータル50周を回った。

 6番手に1分38秒659でフランコ・モルビデリ(ヤマハ)が続き、ホルヘ・ロレンソ(ホンダ)が1分38秒749で7番手に。ロレンソは11時30分すぎには走行を開始、すぐにファステストを更新し、14時10分に1分38秒749を記録してリーダーボートのトップに立つ。初日はトータル56周を回り、7番手となったが、ホンダのマシンへの適応を進めている。

 8番手に1分38秒816でジャック・ミラー(ドゥカティ)、9番手に1分38秒830でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が続いた、今年からSBKに転向したバウティスタは、昨日までの2日間、ヘレスで行われていたSBKのテストに初参加。そのままヘレスに残り、ミケーレ・ピロ(ドゥカティ)の代わりにドゥカティのテストライダーとして、今回のテストに参加した。ルーキーのジョアン・ミル(スズキ)は11時30分ごろに真っ先にコースイン。13時すぎごろに7コーナーで転倒し、この転倒でセッションは一時赤旗中断となったが、ミルはその後、マシンを乗り換えてコースに出ると、トータル52周を回り、1分38秒956でルーキートップの10番手となった。

 アンドレア・イアンノーネ(アプリリア)が24周を回り、20周目に記録した1分39秒008で11番手に続き、ティト・ラバット(ドゥカティ)が53周を回り、1分39秒097で12番手に。アレックス・リンス(スズキ)は2019年型のエンジンなど、ニューパーツを投入したマシンで初日の最多周回となる87周を回り、29周目に記録した1分39秒150で13番手となった。ルーキーのフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ)は1分39秒157で14番手、同じくルーキーのファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が1分39秒414で15番手に続いた。

 ポル・エスパルガロ(KTM)は1分39秒552で16番手。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は1分39秒564で17番手。ロッシはニュータイヤでのアタックは行わなかった模様。アプリリアのテストライダー、ブラッドリー・スミス(アプリリア)が1分40秒174で18番手。ヨハン・ザルコ(KTM)が1分40秒192で19番手に続き、カレル・アブラハム(ドゥカティ)が1分40秒438で20番手、ハフィス・シャーリン(KTM)が1分40秒630で21番手に続いた。

 スズキのテストライダー、シルバン・ギュントーリ(スズキ)は1分40秒743で22番手。ルーキーのミゲール・オリベイラ(KTM)は1分41秒699で23番手。アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)の代役として今回のテストに参加したマッテオ・バイオッコ(アプリリア)は1分42秒766で24番手となった。

 以下、MotoGPヘレスオフィシャルテスト1日目タイム結果。
■MotoGPヘレスオフィシャルテスト1日目タイム結果
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTimeLaps19D.ペトルッチドゥカティ・チームドゥカティ1'37.96844/5324A.ドヴィツィオーゾドゥカティ・チームドゥカティ1'38.18553/53330中上貴晶LCRホンダ・イデミツホンダ1'38.34857/67412M.ビニャーレスヤマハ・ファクトリー・レーシングヤマハ1'38.37655/58593M.マルケスレプソル・ホンダ・チームホンダ1'38.51728/50621F.モルビデリペトロナス・ヤマハSRTヤマハ1'38.65954/70799J.ロレンソレプソル・ホンダ・チームホンダ1'38.74931/56843J.ミラーアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ1'38.81661/72919A.バウティスタドゥカティ・テスト・チームドゥカティ1'38.83036/641036J.ミルチーム・スズキ・エクスタースズキ1'38.95652/521129A.イアンノーネアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア1'39.00820/241253T.ラバットレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ1'39.09749/531342A.リンスチーム・スズキ・エクスタースズキ1'39.15029/871463F.バニャイアアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ1'39.15750/511544P.エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM1'39.24148/581620F.クラルタラロペトロナス・ヤマハSRTヤマハ1'39.41459/591746V.ロッシヤマハ・ファクトリー・レーシングヤマハ1'39.56428/501838B.スミスアプリリア・レーシング・テスト・チームアプリリア1'40.17464/69195J.ザルコレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM1'40.19245/562017K.アブラハムレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ1'40.43829/432155H.シャーリンKTMテック3・レーシングKTM1'40.63038/512250S.ギュントーリスズキ・テスト・チームスズキ1'40.74331/482388M.オリベイラKTMテック3・レーシングKTM1'41.69957/612415M.バイオッコアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア1'42.76644/49

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します