現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アブダビF1タイヤテスト2日目:フェラーリ移籍のルクレールが首位。レッドブル昇格ガスリーが2番手

ここから本文です
スポーツ 2018.11.29

アブダビF1タイヤテスト2日目:フェラーリ移籍のルクレールが首位。レッドブル昇格ガスリーが2番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、F1タイヤテストの2日目が行われ、フェラーリのマシンを駆ったシャルル・ルクレールが1分36秒450でトップタイムを記録した。

 今回のテストの目的は、全10チームに2019年仕様のタイヤを提供し、2018年仕様タイヤとの比較を行うことだった

    ■山本尚貴、アブダビGP視察の収穫を語る「やっぱりF1は特別な場所」

 ルクレールはセッション開始早々、来季のチームメイトとなるセバスチャン・ベッテルが初日に記録したタイムを更新。午後にはさらにそれを上回って、1分36秒450を記録した。

 2番手に立ったのは、レッドブルのマシンを走らせたピエール・ガスリーで、1分37秒916だった。ガスリーはセッション最後の1時間で、2度にわたってタイムを更新し、前述のタイムを記録した。

 まだ加入は発表されていないものの、ランス・ストロールがレーシングポイント・フォースインディアのマシンに乗り、1分38秒044で3番手。メルセデスのバルテリ・ボッタスが最後の1時間でベストタイムを記録し、4番手となった。

 マクラーレンでのテスト初日となったカルロス・サインツJr.は、1分38秒547で5番手。ルノーのマシンを走らせたアルテム・マルケロフが6番手。ロバート・クビサからウイリアムズのマシンをセッション終盤に引き継いだジョージ・ラッセルが7番手となった。

 来季トロロッソからのF1復帰が決まっているダニール・クビアトは、ラッセルと僅差の8番手。しかし、この日最長の155周を走った。

 ハースのマシンを走らせたルイ・デレトラが9番手。アントニオ・ジョビナッツィはザウバーのマシンで11回の走行をこなして10番手タイムとなったものの、午後にはピットレーン出口のトンネル内でストップし、赤旗の原因となった。

 ウイリアムズのロバート・クビサが39周を走って11番手となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kun*****|2018/11/29 10:08

    違反報告

    ルクレールはマシンの違いを感じずにのれたのかな?
    やはりマシンのコピーが疑われるね
    逆にガスリーは慎重にはいったのかな?
    だいぶ離されてるからね

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します