現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブリヂストン、2輪用タイヤBATTLAXの新モデルを発表。スポーツタイヤS22のスペックは先代モデルを凌駕

ここから本文です
スポーツ 2018.11.28

ブリヂストン、2輪用タイヤBATTLAXの新モデルを発表。スポーツタイヤS22のスペックは先代モデルを凌駕

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月28日、ブリヂストンは都内で2019年2月に発売する2輪車用タイヤブランドBATTLAX(バトラックス)の新モデル、『BATTLAX HYPERSPORT S22』(以下、S22)と『BATTLAX ADVENTURECROSS AX41』(以下、AX41)を発表した。

 2018年で35周年を迎えたブリヂストンの2輪車用タイヤブランドバトラックスは、1983年に登場し、モータースポーツの舞台でタイヤの技術を磨いてきた。

    電動バイクレースMotoE初の公式テストがヘレスで開催。総合トップはスミス、ジベルナウは14番手で終える

 1991年のロードレース世界選手権(WGP)125ccクラスではバトラックス装着車が鈴鹿戦で初勝利。以降、バトラックスブランドはモータースポーツの様々なシーンで活躍。2002年~2015年はMotoGPの最高峰クラスに、2017年からはFIM世界耐久選手権(EWC)などでバトラックスブランドは活躍している。

 今回発表されたタイヤは、バトラックスのスポーツカテゴリー『S22』とアドベンチャーカテゴリー『AX41』のふたつだ。

■先代モデルのS21を凌駕したS22。スペックが大幅向上
 S22は、ホンダCBR1000RRやヤマハYZF-R6などのスーパースポーツに新車装備されてきた先代モデルの『BATTLAX HYPERSPORT S21』(以下、S21)の後継モデルとなるタイヤだ。最近では2019年モデルのカワサキNinja ZX-6RにS22が新車装備されることが発表されている。

 S21をすべてにおいて凌駕することを目的に開発されたS22は、新設計のトレッドパターンとコンパウンドを盛り込み、ドライグリップ、軽快性、ウエット性能の向上を追求したという。

 トレッドパターンは、ショルダー部分の溝を増やして排水性を向上。フロントタイヤではセンター部の溝を短くし、立てることで剛性が最適化されている。

 リヤタイヤにはセンターゴムに微粒径シリカを2輪タイヤで初採用。シリカは、タイヤのゴムの配合材として使用されている白い粒で、濡れた路面や凍結路面での摩擦力が高いといった性質を持つ。

 従来使用しているシリカよりも小さい微粒径シリカをタイヤのゴムの中に配置する技術は、補強性の確保が難しいとされていたが、S22では「技術陣営が一丸となって、いかにまんべんなくシリカを配置させるかという研究を続け、微粒径シリカの採用に成功した」とブリヂストンMCタイヤ開発部設計第2ユニットリーダーの高橋淳一氏は語る。

 微粒径シリカの採用により、タイヤ表面に存在するシリカ面積がS21に比べ25%アップし、ウエット性能が向上。加えて、フロントタイヤのセンターゴムとリヤタイヤのトラクションゴムの樹脂を最適化することによって、幅広い温度域でのドライグリップ性能が向上したという。

■S22は一般公道だけでなくサーキットでも高いポテンシャルを発揮
 発表会ではS22を大分県のオートポリスで性能評価したデータも公開された。ドライコンディションでは、従来モデルのS21に比べてコーナリング速度が向上。オートポリスの3コーナーではコーナリング速度が15%アップ、サーキットラップタイムでは平均で約1.2%短縮されたとのことだ。

 また、別サーキットで行ったウエット路面での性能評価では直進時の加速が向上し、ラップタイムも従来モデルより5%短縮されている。

 S22の発売は2019年2月から開始。発売サイズはフロント1サイズ、リヤ5サイズが設定され、価格は以下のようになっている。

用途タイヤサイズメーカー希望小売価格(税込)フロント120/70ZR17M/C(58W)22,734円リア160/60ZR17M/C(69W)30,510円リア180/55ZR17M/C(73W)33,588円リア190/50ZR17M/C(73W)34,236円リア190/55ZR17M/C(75W)35,100円リア200/55ZR17M/C(78W)37,206円

 またS22と同じく会場で発表されたAX41は、オフロード走破性能と耐久性を追求したタイヤとなる。トレッドパターンは、ロッキーな新パターンを採用。リヤタイヤの高断面積のブロックは、ぬかるんだ路面で高いトラクション性能を発揮させるためにオンロード用のA41より30%増やし、オフロード走破性を向上させたという。また、強度と剛性を30%向上させたリヤコンパウンドを採用。こちらは、トラクション性能向上に貢献しているようだ。

 フロントタイヤには走行時におけるブロック変形を考慮したブロック形状を採用。従来は踏込み端と蹴り出し端が同じ形状としていたが、新たに蹴り出し端の角度を立てることによって、ブロック後端に発生する段差摩耗を抑制させ、耐久性が確保に貢献しているとのことだ。

 AX41の発売はS22と同じく2019年2月から開始。発売サイズは以下のフロント4サイズ、リヤ5サイズが設定されている。価格については発表されていない。

用途タイヤサイズTT/TL備考フロント100/90-19M/C 57QTL※フロント110/80 B 19M/C 59QTL※フロント120/70 B 19M/C 60QTLフロント90/90-21M/C 54QTL※リア140/80 B 17M/C 69QTL※リア150/70 B 17M/C 69QTL※リア170/60 B 17M/C 72QTLリア150/70 B 18M/C 70QTL※リア130/80 B 17M/C 65QTL※※ タイヤのサイドウォールに「USE TUBE ON TUBE TYPE RIM」の刻印が入っているタイヤに限り、チューブレスタイヤにチューブを装着することでチューブタイプリムに装着可能。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します