現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1のシートを喪失したハートレーがコメントを発表「自分に誇りを持って次に進む」“やり残した仕事”に諦めきれない思いも

ここから本文です
スポーツ 2018.11.28

トロロッソ・ホンダF1のシートを喪失したハートレーがコメントを発表「自分に誇りを持って次に進む」“やり残した仕事”に諦めきれない思いも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダF1を離れることが決まったブレンドン・ハートレーがコメントを発表、F1でやり残したことはあるものの、胸を張って次の道へと進んでいきたいと語った。

 トロロッソは2018年F1最終戦アブダビGP後の月曜、ダニール・クビアトのチームメイトとしてアレクサンダー・アルボンの起用を発表した。これにより、2019年にハートレーがF1で走れる可能性はなくなった。

    トロロッソ・ホンダF1、全チーム中最多150周を走行し「いい初日」。新ドライバーのクビアトとアルボンも登場/F1テスト デイ1

 チームの発表を受け、ハートレーはSNSを通して次のようなコメントを発表した。

「日曜に、僕は胸を張って、サーキットを後にした。自分のここまでのストーリー、そして旅路を心から誇りに思っている。F1でやり残した仕事があるという気持ちはあるけれど、当面、それは保留しておこう」

「今まで障害にぶつかった経験はあるし、困難な状況に遭うことで人はより強くなれると、僕は固く信じている。同時に、母国ニュージーランドのサポートクルー、家族、友人、妻の存在は大きな助けになった」

「トレーナーのリッチ、そしてトロロッソの人たちに感謝する。500人にもおよぶスタッフのほとんど全員と一緒に過ごし、ともに働くことができて楽しかった。エンジニアリングチームの人たち、メカニック、マーケティング、PR、ロジスティクス担当、ホスピタリティクルー、ファクトリースタッフ、そしてもちろんホンダ・レーシングの人たちにもお礼を言いたい」

「今年は世界中のファンから応援してもらった。彼らにも心から感謝している」

「僕のストーリーには、これから書き込んでいくページがたくさん残っている。次のチャプターで、チャンスを最大限に生かしていきたい」

 ハートレーの2019年のプランは現時点では明らかになっていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します