現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1、全チーム中最多150周を走行し「いい初日」。新ドライバーのクビアトとアルボンも登場/F1テスト デイ1

ここから本文です
スポーツ 2018.11.28

トロロッソ・ホンダF1、全チーム中最多150周を走行し「いい初日」。新ドライバーのクビアトとアルボンも登場/F1テスト デイ1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、2019年ピレリF1タイヤのテストがスタート、トロロッソ・ホンダは初日にショーン・ゲラエルを起用して作業を進めた。

 最終戦後の火曜、2019年の新タイヤと2018年型タイヤを使って全10チーム参加のテストが行われた。初日27日にトロロッソ・ホンダはゲラエルにSTR13を託した。ゲラエルはこの日走行した12人のドライバーのなかで最多の150周を走り、2018年ハイパーソフトタイヤでマークした1分40秒435で12位となった。

    【F1アブダビタイヤテスト デイ1・タイム結果】ベッテルが2018年ハイパーでトップ。ライコネンは“コンパウンド5”で11位

 ホンダは「ピレリタイヤテスト初日にショーンが走行を行い、いいテストデーだった。明日はダニール(・クビアト)が我々との初走行を行う」とコメントしている。

 トロロッソ・ホンダは2019年のレースドライバーとして、クビアトとアレクサンダー・アルボンを起用することが決定しており、ふたりともテスト初日にチームに合流。2日目にはクビアトがSTR13のステアリングを握る予定となっている。また、2018年のレースドライバー、ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに加入することが決まっており、テスト2日目の走行に備えて、レッドブルのガレージで準備を行っていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します