現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランボルギーニ、同社モータースポーツ部門初のワンオフモデル『SC18』を初公開

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

ランボルギーニ、同社モータースポーツ部門初のワンオフモデル『SC18』を初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラ・コルセはカスタマーと同社のチェントロ・スティーレ(デザイン・センター)が共同でデザインした部門初のワンオフモデル『ランボルギーニSC18』を公開した。

 公道走行も可能としながら、主にサーキット走行でパフォーマンスに主眼が置かれて開発されたSC18。そのエアロダイナミクスには、ランボルギーニがレースで培ってきたテクノロジーの数々が惜しげもなく注ぎ込まれている。

    “イオタ”の名を冠した最新スーパーカー、『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開

 たとえば、フロントフードは2019年に世界中のGT3レースに投入される予定のランボルギーニ・ウラカンGT3エボを思わせるデザインに。また、サイドとリヤではウラカン スーパートロフェオEvoに着想を得たフェンダー、フィン、エアスクープが装着された。

 この他、リヤフードにはエンジンの冷却を助ける計12個のアウトレットが設けられたが、これらは耐久レースでの実績を踏まえたもの。軽量のカーボンファイバーで造られた大型リヤスポイラーは3段階の調整機能が備え、サーキットごとに異なるダウンフォースレベルに最適化することが可能になっている。

 搭載されるエンジンは6.5リットルV12自然吸気エンジンで、最高出力は770ps/8500rpmをマーク。最大トルクは720Nm/6750rpmに達する。この動力を車軸に伝えるのはインディペンデント・シフティング・ロッド(ISR)で最適化された7速トランスミッションだ。

 ボディは超軽量素材とカーボンファイバーが構成され、カラーリングはグリジオ・デイトナをベースカラーに、スポーティなレッドのアクセントカラーが随所に見られる。インテリアもブラックのアルカンターラとロッソ・アララのクロスステッチでレーシーな空間が作り出されているという。

 サーキット走行を主目的とするSC18はモータースポーツではお馴染みのテレメトリーシステムを装備。タイヤはフロントが20インチ、リヤは21インチのピレリPゼロコルサタイヤが装着される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します