現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マカオF3で大クラッシュのフルーシュ、ドイツへ帰国「人生の新たなスタート」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

マカオF3で大クラッシュのフルーシュ、ドイツへ帰国「人生の新たなスタート」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカオGPのF3決勝レースで大クラッシュを喫したソフィア・フルーシュ(ファン・アメルスフールト・レーシング)は、長時間に及んだ手術から1週間後、マカオ市内の病院から退院。自身のSNSでドイツに帰国すると明かした。

 17歳のフルーシュは、マカオGP決勝レースの3周目にストレートで他車と接触。コントロールを失ったまま、高速でかまぼこ状の縁石にヒットし、マシンが宙に打ち上げられてしまった。

    ■脊椎骨折のフルーシュ、7時間の手術が成功。合併症や四肢麻痺なし

 フルーシュのマシンはその後、坪井翔(トムス)と接触しながら、バリアを飛び越えフェンスを突き破り、フォトグラファー用のやぐらに激突した。

 この事故でフルーシュや坪井を含め、5人が負傷したものの、奇跡的なことに命に別状がある者はいなかった。とはいえ、フルーシュは衝撃で脊椎を骨折。事故の翌日である11月19日(月)に長時間に及ぶ手術を受けていた。

 フルーシュは26日(月)、自身のフェイスブックに次のように投稿している。

「今日、私は故郷に向けて飛行機に乗っています。世界中のファンからのサポートに、私はまだ圧倒されています」

「今年の11月18日は、私の2つ目の誕生日になりました。これから新しい人生が始まります。それが待ち遠しいです。2019年に焦点を当てましょう」

 フルーシュは、首に固定器具がついた状態ではあるものの、自らの脚で歩いてマカオの病院を後にしている。

 マカオでのクラッシュ前、フルーシュの来年のレース活動は、DTMのサポートレースとして行われているヨーロッパF3選手権への継続参戦になるとみられていた。

 彼女は開幕3ラウンドを欠場した後、7月のザントフールト戦から参戦。1ポイントを獲得し、ランキング22位となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Marcus Simmons)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します