現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、今シーズンのフェラーリはチームのまとまりのなさに苦しめられたと考えているが、2019年にはセバスチャン・ベッテルとチームは立ち直るだろうと述べている。

 2018年シーズンのベッテルは、好調な時期にはルイス・ハミルトンと接戦を演じていた。しかしメルセデスが優位になっていく一方でフェラーリとベッテルは度々ミスを犯し、最終的に彼はタイトル獲得の希望を失うことになった。

    【ポイントランキング】F1第21戦アブダビGP終了時点

 しかしながら、フェラーリがその強さを来シーズンまで維持し、ロズベルグが言うところの“詰めの甘さ”という弱点を克服するならば、チームはタイトルをマラネロに持ち帰ることができるだろうと、2016年のチャンピオンであるロズベルグは考えている。

「基本的には、フェラーリは2019年も継続していく必要があるだけだ」とロズベルグはBild am Sonntag紙に語った。

「彼らは素晴らしいマシンを作ることができていた。その点からも、僕は彼らがとても強力になって、冬季休暇から戻ってくると信じている」

 しかしフェラーリにとって非効率性と欠点を解決することは必須となる。

「フェラーリはあまりに多くの戦略ミスをした。それにチームのまとまりもなかった」とロズベルグは付け加え、フェラーリがベッテルの走行を支援するのにチームオーダーを出したがらなかったことに言及した。
「奇妙だった。なぜならチームオーダーという点では、フェラーリは他の先を行っていたから。でもドライバーとして、完全なサポートを得られていないと感じると、精神面や集中力で影響を受けてしまう」

「セバスチャンのケースも当然そうだが、もしチームと意見が合わなかったら、難しいことになる」

「また、セルジオ・マルキオンネがチームに深く関与していたことも忘れてはならない。ただし、メルセデスはニキ・ラウダの不在をなんとか埋め合わせたとも言わなければならない」

「それでもなお、2019年がセバスチャンの最後のチャンスになるとは思わない。また巡ってきたチャンスというだけだ」とロズベルグは語った。

「彼は厳しい1年を過ごして多くの批判にさらされたが、2015年の僕もまさに同じ状況にあった。ルイスは完璧にドライビングをこなし、僕はミスをした」

「重要なのは自信をもう一度高めることだ。セバスチャンにはそれができる。彼は今でもF1で最高のドライバーのひとりなのだから」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します