現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1、アレクサンダー・アルボンの起用を正式発表。クビアトのチームメイトに

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

トロロッソ・ホンダF1、アレクサンダー・アルボンの起用を正式発表。クビアトのチームメイトに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダは、2019年のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを正式発表した。

 2012年までレッドブル育成ドライバーだったアルボンは、今季FIA F2選手権のタイトルを争い、スーパーライセンス獲得の可能性が高まったことから、10月ごろからトロロッソF1のドライバー候補の一人となった。

    ■山本尚貴、“F1挑戦への夢”を再確認……アブダビGP視察を終えた心境を語る「自分からチャンスを手放したくない」

 しかし彼はすでにニッサン・e.ダムスの一員としてフォーミュラEに参戦することを発表していたため、事態は複雑になってしまった。フォーミュラEのプレシーズンテストが始まる直前というタイミングで、アルボンは参戦契約の解消を願い出たため、ニッサン側を驚かせた。

 motorsport.comの調べでは、11月27日(月)になってアルボンとニッサン間の障害が解消されたことで、アルボンのF1参戦が正式発表につながった。

 トロロッソのフランツ・トスト代表は、彼のF2でのパフォーマンスがチャンス獲得につながったと話した。

「2018シーズンが印象的だった。彼は4勝しランキングを3位で終えた」

「彼がレースで見せたオーバーテイクは成熟したものであり、F1でレースする準備が整っていることを示している」

 アルボンは「来年F1に参戦できるなんて、素晴らしい気分だ」と語った。

「僕はシングルシーターのキャリアを通じて、浮き沈みを経験した。2012年にレッドブルの育成じゃなくなって、F1への道が難しくなったことは分かっていた」

「毎回、マシンに乗るたびに良い印象を与えようと本当に頑張ってきた。僕のことを信じて、セカンドチャンスをくれたレッドブルに感謝しなければならない」

 アルボン起用の正式発表により、来季のF1ドライバーラインアップがほぼ決定。残るはレーシングポイント・フォースインディアの1人のみが未発表だが、これはランス・ストロール起用が確定的だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matt Beer)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します