現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ、2018年最終戦は入賞ならず。ホンダ田辺テクニカルディレクター「来年はさらに良い年にしたい」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.26

トロロッソ・ホンダ、2018年最終戦は入賞ならず。ホンダ田辺テクニカルディレクター「来年はさらに良い年にしたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のF1最終戦アブダビGPで、トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが12位、ピエール・ガスリーがリタイアに終わり、入賞には届かなかった。特にガスリーは、レース終盤入賞圏内を走っていた際のトラブル発生であり、悔やまれる結果となった。


「今日はガスリー選手が入賞圏内を走行していただけに、レース終盤にオイル漏れからくる白煙により、シーズン最終戦をリタイアで終えたことは非常に残念でした。オイル漏れの原因についてはこれから確認を行います。ハートレー選手については粘り強くレースを続けたものの、スタート後のアクシデントが響き、ポイント獲得には至りませんでした」

    ■フェルナンド・アロンソ、引退レースで王者同士の”アドリブ共演”「感動的な週末だった」

 プレスリリースにそうコメントを寄せたのは、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターである。


 田辺テクニカルディレクターは、今シーズンを振り返り、多くのことを学べたと語った。

「今シーズンはトロロッソとのパートナーシップを通して、多くのことを学ぶことができた1年でした」

「我々のパワーユニットについてはパフォーマンス、信頼性ともに確実に前進している手ごたえがある反面、まだまだ向上すべき課題も多くあると感じています。来季の2チーム供給に向け、オフシーズンにさらなる開発を推し進め、良い形で来るべきシーズンに臨みます」

 田辺テクニカルディレクターは、チームやドライバー、そしてファンへの感謝と共に、来シーズンの飛躍を誓った。

「最後に2名のドライバー、トロロッソおよびホンダ双方のファクトリーメンバー、トラックサイドメンバー全員の努力に、感謝の言葉を贈りたいと思います。また、どんな時も応援をいただいたファンの皆様にも御礼を申し上げます」

「来年はさらにいい1年にできればと思いますので、引き続きのご声援をよろしくお願いいたします」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します