現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピエール・ガスリー、トロロッソ・ホンダでの最終戦はパワーユニットのオイル漏れでリタイア「本当に楽しいレースだったのに残念だ」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.26

ピエール・ガスリー、トロロッソ・ホンダでの最終戦はパワーユニットのオイル漏れでリタイア「本当に楽しいレースだったのに残念だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2018年のF1最終戦アブダビGPをリタイアで終えた。

 ガスリーはスーパーソフトタイヤでスタート。これが功を奏し、レース終盤には入賞圏内までポジションを上げていた。しかし、マシンの後部から白煙が上がり、コース脇にSTR13を停めざるを得なかった。

    ■アロンソ、引退レースで王者同士の”アドリブ共演”「感動的な週末だった」

「予選とレースの両方で、僕らにとっては困難な週末だった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「レースのフィニッシュまであと数周というところで、マシンから白煙が上がった時には、何が起きたのか分からなかった。でもその時点までは本当に楽しいレースだったし、僕もそれを楽しむことができた」

「17番手からスタートして、10番手までポジションを上げた。そして9位でフィニッシュしたロマン(グロージャン/ハース)と争っていた。残念ながら開幕と同様、リタイアでシーズンを終えることになってしまった」

 ガスリーはこのレースをもってトロロッソを離れ、来季はレッドブル・ホンダのドライバーを務めることになる。

「トロロッソでの最後レースだったので、今日は少し感傷的だった。彼らやホンダと、素晴らしいシーズンを過ごした。だから、本当に良い形でフィニッシュできることを願っていた」

「僕としては、ポジティブなシーズンだった。トロロッソでの仕事を、本当に楽しむことができた。共に良い週末を過ごしたことを、ずっと覚えているだろう」

「レッドブル・レーシングで、新たなシーズンを迎えることに興奮している。しかしまだ……ここにいるみんなと離れるのは辛い。彼らは、多くのことを与えてくれたし、すべきことについてすごい情熱を持っている、素晴らしい人たちだ。彼らと共に働くのは、大きな喜びだった」

 なおガスリーのトラブルについては、パワーユニットのオイル漏れと発表されている。その原因についてホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、「オイル漏れの原因については、これから確認を行います」と語っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します