現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「リタイアで始まり、リタイアで終わった一年。でも有意義なシーズンだった」:トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.26

ガスリー「リタイアで始まり、リタイアで終わった一年。でも有意義なシーズンだった」:トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アブダビGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはリタイアに終わった。

 予選でパワーユニット(PU/エンジン)トラブルに見舞われたガスリーは、他のユーズドのパワーユニットエレメント(ICE、TC、MGU-H、MGU-K)に交換し、ペナルティを受けることなく17番グリッドからスタート。最初にスーパーソフトタイヤを装着し、オープニングラップで13番手にポジションを上げた。その後、上位を走るマシンのピットインなどにより7番手に上がった後、29周目にピットイン、ウルトラソフトに交換し、16番手でコースに戻った。前方を走るマシンのピットインやトラブルにより、入賞圏内までポジションを上げたが、47周目、トラブルが発生し、後方から白煙が噴出、ガスリーはコース脇にマシンをとめて46周リタイアという結果になった。ホンダはレース後、「PUのオイル漏れによるトラブルが発生した」と説明している。

    ホンダ田辺TD「入賞圏内走行中のガスリーがオイル漏れでリタイア。非常に残念な最終戦に」:F1アブダビGP日曜

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=リタイア
 今週末は予選から決勝にかけて厳しい展開になった。残り数周のところで問題が発生し、マシンから白煙が出始めた。何が起きたのか、正確なことは分からない。でも問題が起こるまではレースを楽しんでいた。

 17番グリッドからスタートし、10番手まで上がり、ロマン(・グロージャン)と戦ったんだ。彼は9位でフィニッシュした。僕らは、残念ながら開幕戦と同じ、リタイアという結果でシーズンを終えなければならなかった。

 今日は少し感傷的になっていた。トロロッソとの最後のレースだったからだ。トロロッソやホンダと素晴らしいシーズンを過ごした。いい結果で締めくくりたいと心から思っていたのにね。

 それでも全体的に見れば、僕にとってはポジティブなシーズンだった。トロロッソと一緒に仕事をするのは本当に楽しかった。共に過ごした素晴らしい週末をずっと忘れないよ。

 来年、レッドブル・レーシングに加入し、新しいチャプターが始まる。それが楽しみだけど、トロロッソの皆と離れて寂しい思いをすると思う。彼らは僕のためにいろいろなことをしてくれた。情熱を持って仕事をしている、素晴らしい人たちだ。彼らと仕事ができて本当にうれしかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します