現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、F1へのタイヤ供給を2023年まで延長。ハンコックは入札勝ち獲れず

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

ピレリ、F1へのタイヤ供給を2023年まで延長。ハンコックは入札勝ち獲れず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年からF1にタイヤを供給してきたピレリは、タイヤ供給契約の入札を勝ち取り、2023年まで供給を継続することになった。

 F1は、2020年から2023年のタイヤ供給メーカーを決めるため入札を実施。ピレリの他にも、DTMやF3ヨーロッパ選手権にタイヤを供給しているハンコックもこれに参加した。

    ■F1アブダビGPの戦略はどうなる? ハイパーソフトは驚速……しかし大きなデグラデーション

 F1は2021年にルールが変更され、ホイールリム径が18インチに変更。さらにタイヤウォーマーも禁止されることになっている。

 そのため、新しいタイヤ供給契約を勝ち獲ったサプライヤーは、2020年だけのために現行サイズのタイヤを開発しなければならず、ピレリに有利な状況となっていた。

 F1会長のチェイス・キャリーは「ピレリは2011年から、F1にとって重要で価値あるパートナーだった」と語った。

「彼らは革新的な最先端技術を提供するリーダーだ。彼らとのパートナーシップを継続することは、F1をベストなものにしていきたいという願望の証だ」

「この合意により、F1の重要なコンポーネントの長期的な未来が保証された」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Alex Kalinauckas)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します