現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2第12戦アブダビ レース2:フォコがシーズン2勝目で2018年を締めくくる。福住は12位、牧野はリタイア

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

FIA F2第12戦アブダビ レース2:フォコがシーズン2勝目で2018年を締めくくる。福住は12位、牧野はリタイア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月25日(日)、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットでFIA F2の第12戦レース2が行われ、チャロウズのアントニオ・フォコが優勝。牧野任祐(ロシアンタイム)はリタイア、福住仁嶺(アーデン)は12位だった。

 レース2の周回数は22周、気温33度、路面温度43度、ドライコンディションのなか行われた。レース1とは違い、タイヤ交換の義務はない。

    FIA F2第12戦アブダビ レース1:ラッセルが優勝でチャンピオン獲得。牧野が9位入賞

 ポールポジションはロベルト・メリ(カンポス)、牧野は9番手スタート、福住は19番手スタートとなる。

 フォーメーションラップを終え、全車がスターティンググリッドにつくも、ショーン・ゲラエル(プレマ)がグリッドに対して斜めに停車。さらにセルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)がエンジンストールを喫し、スタートはやり直し、1周減算の21周でレースは争われることとなった。

 2番手スタートのフォコが抜群のスタートを決めトップを奪取。メリは2番手に後退する。

 ターン14でゲラエルがニコ・カリ(MPモータースポーツ)と接触しスピン、そこに牧野が接触し、3人は揃ってリタイアとなった。

 2017、18年とマカオGP2連覇を達成した注目のルーキー、ダニエル・ティクトゥム(アーデン)はギヤボックスにトラブルを抱え、レース序盤で姿を消した。

 5周目、12番手を走行していた福住は、セッテ・カマラにかわされ13番手に後退する。

 8番手からスタートダッシュを決め、5番手を走行していた2018年チャンピオンのラッセルは7周目、ニック・デ・フリース(プレマ)をパスし4番手に浮上する。

 レース中盤、全車がDRSを使用できないトラブルが発生する。そんななか7番手を走行していたアルテム・マルケロフ(ロシアンタイム)が、前を行くデルトラズに仕掛けていく。

 しかし、ターン8、ターン11で立て続けにオーバーランを喫し、ポジションを上げることは叶わなかった。

 福住は20周目、ジャック・エイトケン(ART)とバトルを繰り広げる。DRSが使えない状況のなか、ターン11でエイトケンをパスし12番手にポジションを上げてみせる。

 最終周、ターン8でノリスがメリに襲いかかる。メリはブレーキをロックさせ、3番手に後退した。

 2位でフィニッシュしたノリスは、チームメイトの前でガッツポーズをしたと同時にスピンを喫するも、大事には至っていない。

 フォコは2位以下を寄せ付けずトップチェッカー。シーズン2勝目を上げ、2018年シーズンを締めくくった。

 終盤、エイトケンとバトルを繰り広げた福住は12位でレースを終えている。

■FIA F2第12戦アブダビ レース2 リザルト
PosNoDriverTeamTime/Gap121A.フォコチャロウズ42'48.729219L.ノリスカーリン1.713315R.メリカンポス3.67248G.ラッセルART8.54854N.デ・フリースプレマ・レーシング9.458620L.デルトラズチャロウズ11.05071A.マルケロフロシアンタイム12.96085A.アルボンダムス15.047914L.ギオットカンポス19.6461018S.セッテ・カマラカーリン23.052119D.ボッコラッチMPモータースポーツ24.4291212福住仁嶺アーデン27.843137J.エイトケンART30.5351417A.ロランディトライデント33.205156N.ラティフィダムス1'36.014NC11D.ティクトゥムアーデンDNFNC10N.カリMPモータースポーツDNFNC2牧野任祐ロシアンタイムDNFNC3S.ゲラエルプレマ・レーシングDNFNC16A.マイニトライデントDNS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します