現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2アブダビ・レース2:フォッコ、DRSトラブル追い風に逃げ切り。福住仁嶺12位、牧野任祐リタイア

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

F2アブダビ・レース2:フォッコ、DRSトラブル追い風に逃げ切り。福住仁嶺12位、牧野任祐リタイア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F2最終戦アブダビのレース2は、フェラーリ育成ドライバーのアントニオ・フォッコ(チャロウズ)が逃げ切り、勝利を挙げた。

 ポールポジションは、ロベルト・メリ(カンポス)。牧野任祐(ロシアンタイム)は9番手、福住仁嶺(アーデン)はレース1で不運にも1周目にリタイアとなったため、19番手からのスタートとなった。

    ■”恥ずかしがり屋”アロンソ、すべてのF1引退記念式典が早く終わることを望む

 セルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)がグリッドでエンジンストール。スタートがやり直しとなり、1周減算されて21周のレースとなった。

 良い蹴り出しを見せたフォッコがスタートでトップに浮上、メリが2番手に続いた。ニック・デ・フリーズ(プレマ)とランド・ノリス(カーリン)が、マクラーレン育成ドライバー同士で激しく3番手を争った結果、デ・フリーズがコースオフ。これでノリスがポジションを3番手に上げた。

 牧野はスタートでポジションを落とすと、前方でスピンした車両をよけきれず接触。牧野自身もスピンし、リタイアとなった。

 オープニングラップの混乱で、バーチャルセーフティカー(VSC)が発動。3周目途中からレースが再開された。今週末のF2デビュー戦だったダニエル・ティクトゥム(アーデン)は、ギヤボックスのトラブルでピットに入り、リタイアとなった。

 12台が10秒以内に収まるという数珠つなぎの中、ジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)やアルテム・マルケロフ(ロシアンタイム)といった実力者が少しずつポジションを上げていった。

 レースが中盤に差し掛かると、バトルが落ち着き少しずつ隊列が間延びしていった。どうやらシステムの問題で全車がDRSを使えず、せっかくのバトルに水を差すような状況となってしまったようだ。

 そんな中でも果敢に前を走るルイ・デレトラ(チャロウズ)にプレッシャーをかけていたマルケロフだが、連続でコースオフする場面もあり、7番手からポジションを上げることはできなかった。

 結局最後までDRSを使用できるようにはならず、全体的にこう着状態が続いたが、ファイナルラップでノリスがメリのスリップストリームに入ることに成功。ブレーキングでメリがタイヤをロックさせコースオフ、2位争いはノリスに軍配が上がった。

 トップチェッカーはフォッコ。DRSトラブルも追い風となったとはいえ、見事な逃げ切り勝ちで今季2勝目を挙げた。

 レース1でチャンピオンを決めたラッセルは4位、マルケロフは7位だった。福住は12位でレースを終えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します