現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『TGRF2018』に4万3000人が集う。ル・マン初優勝、WRCタイトル獲得のトヨタ“メモリアルイヤー”祝福

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

『TGRF2018』に4万3000人が集う。ル・マン初優勝、WRCタイトル獲得のトヨタ“メモリアルイヤー”祝福

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月25日、富士スピードウェイでオフシーズン恒例のイベントである『TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018』(TGRF2018)が晴天のなか行われ、4万3000人のファンが集結。ル・マン初優勝とWRC世界ラリー選手権のチャンピオン獲得でメモリアルイヤーとなった2018年シーズンを祝福した。

 1年間各レースカテゴリーを戦ったトヨタ/レクサスを応援したファンに感謝を伝えるイベントのTGRF。2018年もスーパーGTや全日本スーパーフォーミュラ選手権など国内カテゴリーをはじめ、WEC世界耐久選手権、WRC、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどに参加したマシンやドライバー、チーム監督などが参加した。

    トヨタの悲願達成した8号車TS050、ル・マン戦った汚れもそのままに富士で凱旋ラン/TGRF2018

 特に2018年はWECに組み込まれているル・マン24時間耐久レースでTOYOTA GAZOO Racingが悲願の初優勝を達成し、WRCでは1999年以来となるマニュファクチャラーズタイトルを獲得したこともあり、例年以上にスペシャルな1日となった。

 冬晴れとなった25日(日)は早朝から多くのファンが富士スピードウェイに詰めかけ、まだ肌寒かった9時15分から行われたウェルカムセレモニーから、グランドスタンドも下段まで埋まるほどの盛況をみせる。

 そのウェルカムセレモニーでは、WECを戦うトヨタTS050ハイブリッドやWRCのトヨタ・ヤリスWRC、スーパーGTのレクサスLC500やスーパーフォーミュラのSF14などが登場したほか、2019年上半期に販売が予定されている新型スープラこと『GRスープラ・レーシングコンセプト』も登場し、ファンを驚かせた。

 また、セレモニーの最後には最終コーナー方向から白のトヨタ・センチュリーが突如登場。ドライブしていた小林可夢偉が後部ドアを開けると、トヨタ自動車の豊田章男社長が登場するというサプライズも。

 今回初めて、レーシングドライバーの“モリゾウ”ではなく、トヨタ自動車の社長としてイベントに参加した豊田社長は「おかげさまで本当に多くのひとに昨日の夕方から、そして今日も早朝から集まっていただきました。本当にありがとうございました」とファンに感謝を述べた。

「今日1日、ここにいるドライバー、スタッフが、心ひとつにして、みなさんを笑顔にできるよう、さらにクルマを好きになっていただけるよう、精一杯おもてなしさせていただきます」

 その後、イベントではヤリスWRCも参加したラリーのデモンストレーション『TGRF RALLY選手権』やル・マン24時間を制した8号車TS050の凱旋走行、サーキットサファリ、スーパーGTとスーパーフォーミュラのデモラン、ピットウォーク&グリッドウォークなどが行われ、ドライバーもレースの緊張から解き放たれた雰囲気でファンと触れあった。

■TGRは「ドライバー目線のチーム。世界トップレベルのドライバーが交流するのもGAZOOらしさ」
 イベント中盤に行われたグリッドプレゼンテーションでは、WECを戦う中嶋一貴と小林可夢偉、WRCを戦うオット・タナクとマルティン・ヤルヴェオヤ、そして豊田社長とGAZOO Racingカンパニーの友山茂樹プレジデントが登場し、シーズンをふり返るとともに改めてファンへ感謝を述べた。

 WRCでトヨタ加入1年目にシーズン4勝を挙げ、チームのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したタナクは「TOYOTA GAZOO Racingとして素晴らしいシーズンだったと思う」と2018年をふり返る。

「WECを戦うチームがル・マン勝利という結果と、トロフィーを持ち帰ってきたことは素晴らしいことだ。僕たちも応援していたからね」

「WRCを戦ってきた立場としても、本当に力強い1年を過ごすことができた。チームに加入して1年目だったけど、チームの雰囲気も良くて楽しみながら戦うことができたよ」

「来シーズンは今年以上の1年になることを楽しみにしているよ」

 豊田社長は「GAZOO(Racing)は“もっといいクルマづくり”をしたいということでやっていますが、ドライバー目線のチームだとも思っています」と言う。

「ル・マンで優勝した翌日、WECを戦うドライバーたちがWRCのクルマに乗って、“Fan to Drive”を実行したんです。WECでサーキットを走ることと、WRCで世界の道を走ることは大きく違いますが、世界トップレベルのドライバーたちが交流を始めていることもGAZOOらしさなのかなと思います」

「我々は世界に向けて挑戦を進めてまいります。WRCでは9回表彰台に乗り、13回リタイアしました。こんな戦い方をしているのがGAZOOだと思います。みなさんの応援が何よりも後押しになりますので、世界で戦うGAZOO Racingの応援、これからもよろしくお願いいたします」

 気温は上がらなかったものの、暖かい日差しが降り注ぐなか行われたTGRF2018には、2017年より500人多い4万3000人が来場。ル・マン24時間、WRCマニュファクチャラーズタイトル獲得とトヨタにとって記念すべき1年となった2018年の締めくくりを楽しんでいた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/11/25 22:13

    違反報告

    1980年頃、日産とホンダはワークス体制で国内各ロードレースに復帰したがトムスがトヨタ車でのレース活動を担っていた。
    当時の社会情勢に配慮していた為とされるが、ロードレース復帰の時期を慎重に見極めていたあの頃と比べると正に隔世の感がする。 
    自分自身、まさかトヨタ車でワンメイクレースに関わるとは思わなかったな。
    競技の世界でもいつの間にか牽引役となったトヨタ、来年もより一層の活躍を成されますよう。
  • zet*****|2018/11/26 00:16

    違反報告

    ヤリスWRCがグラベル仕様だったのが残念

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します