現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリーとグロージャンのクラッシュにペナルティはなし。グロージャンがトロロッソのガレージを訪問し謝罪

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

ガスリーとグロージャンのクラッシュにペナルティはなし。グロージャンがトロロッソのガレージを訪問し謝罪

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダF1チームのピエール・ガスリーとハースF1チームのロマン・グロージャンがF1アブダビGPのFP3で接触した。このアクシデントは審議対象になったが、スチュワードはどちらにもペナルティを科さないことを決めた。

 FP3終盤、グロージャンと彼を追い越そうとしたガスリーがターン17で接触、マシンのパーツが飛び散った。この件をスチュワードが調査した結果、ペナルティは科さないとの決定を発表、その理由として次のように説明した。

    【動画】ガスリー、FP3でグロージャンと交錯しマシンのパーツを破損/F1アブダビGP 土曜日

「10号車のドライバー(ガスリー)は8号車のドライバー(グロージャン)に自分が見えていないとは考えなかったと述べている。また、両者の速度差は120km/hを超えていた」

「8号車のドライバーは無線でチームから(後方からマシンが来るという)警告を受けていなかった。また、急速に接近する10号車が見えなかったと述べている。もし後方から10号車が近づいていると知っていたら、完全に避けたと発言している。しかし(ガスリーが来ていることを知らなかったために)少しレーシングラインを外したものの、そのままコーナリングをした結果、プッシュラップ中の10号車と接触した。速度差が大きく、避けることは不可能だった」

 グロージャンはファストラップの合間のクールダウンラップを走っていたということだ。

 怒りを示していたガスリーのもとを、後にグロージャンが訪れて謝罪を行った。
「ロマンが僕のところに来て謝罪した。エンジニアから(後ろからマシンが来ていることを)知らされていなくて、僕が来るのが見えていなかったということだ」とガスリーが語ったとCrash.netが伝えた。

「結果的に彼は僕をブロックすることになった。あの瞬間、すごく頭に来たけれど、彼が謝りに来てくれた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します