現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ、2台がQ1落ち「FP3と予選で連続してパワーユニットのトラブル。10番手を狙える速さがあったが期待外れの結果に」F1アブダビGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

トロロッソ、2台がQ1落ち「FP3と予選で連続してパワーユニットのトラブル。10番手を狙える速さがあったが期待外れの結果に」F1アブダビGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アブダビGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは17番手、ブレンドン・ハートレーは16番手だった。

 予選Q1、セッション終盤の最後のアタックラップで、ガスリーは「パワーを失った。エンジンから煙が出ている」と無線で報告し、マシンをコース脇に止めた。後にホンダはパワーユニット(PU/エンジン)のトラブルが発生したことを認めた。ガスリーは1分38秒166からタイムを更新できず、17番手となり、Q1で敗退した。ガスリーはFP3でロマン・グロージャンとの接触があり、スチュワードが両者を審議した結果、どちらにもペナルティを科さなかった。

    ハートレー「Q2には余裕で進めると思っていたが速さがなかった。決勝では力を発揮できるはず」トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP土曜

 ハートレーは予選Q1で1分37秒994までタイムを削っていったが、16番手にとどまり、Q1で予選を終えた。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ヘッド・オブ・ビークルパフォーマンス ギヨーム・デゾテウス
 ブレンドンはとてもスムーズにFP3セッションを過ごした。一方でピエールの方は順調とはいえなかった。最初のランでパワーユニット(PU/エンジン)サイドの電気系の問題に見舞われ、その影響を受けた。この問題はすぐに解決したが、ターン16でグロージャンにヒットされ、最後の計測ラップを断念しなければならなかった。

 今日はもっといい結果を出せると予想していたが、予選は予定どおりにいかなかった。ブレンドンはマシンバランスに苦しみ、Q1を通過することができなかった。ピエールにはまたトラブルが発生した。前のラップより0.6秒縮めてきていたのに、最終コーナーでパワーを失ったのだ。そのまま走れていたら、余裕でQ2に進めていたはずだ。今日のマシンには、10番手か11番手を狙える力があったと思っている。

 現時点では何が起きたのか分からない。これから詳細な調査を行う必要がある。

 決勝では、ハイパーソフトタイヤスタートのマシンは興味深い状況になるかもしれない。決勝のなかでポジションを上げてポイントをつかむため、今夜、あらゆる選択肢を検討する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します