現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アブダビGP FP2:ボッタスがトップ、トロロッソ・ホンダのガスリーは11番手と好調な走り

ここから本文です
スポーツ 2018.11.24

F1アブダビGP FP2:ボッタスがトップ、トロロッソ・ホンダのガスリーは11番手と好調な走り

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第21戦アブダビGP、フリー走行2回目はメルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。午後5時から始まったFP2は日没まで30分余りあるが、サーキットはすっかり夕暮れ模様だ。気温26.3℃、路面温度は30.2℃まで下がっている。ルイス・ハミルトン(メルセデス)はこのセッションから、ノーズ表示を本来のカーナンバー44に戻している。

 FP1では各車がハイパーソフトタイヤ主体で走行したのに対し、FP2序盤はウルトラソフトタイヤとスーパーソフトタイヤに分かれて周回を重ねた。開始後22分、最終コーナーひとつ手前に新たに設けられた高く盛り上げたコンクリート製の縁石に、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が派手に乗り上げた。フロアへのダメージを感じたのか、フェルスタッペンはスロー走行でピットに向かい、しばらくガレージにこもることになった。

    【タイム結果】F1第21戦アブダビGP フリー走行2回目


 序盤30分を終えた時点で、ウルトラソフトのダニエル・リカルド(レッドブル)がトップ。0.018秒の僅差でボッタス、さらに0.25秒差でフェルスタッペンが続く。ハミルトンはスーパーソフトで4番手。フェラーリのキミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルが5、6番手に付け、このセッションから復帰したシャルル・ルクレール(ザウバー)が中団最速の7番手を占めた。ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、カルロス・サインツJr.、ニコ・ヒュルケンベルグのルノー勢も、100分の数秒単位の僅差で追う。

 その後フェラーリの2台はハイパーソフトに履き替え、ライコネンが1分37秒461でトップに立つ。しかしすぐに同じハイパーソフトを履いたボッタスが、最速タイムを叩き出す。フロアのダメージチェックを終えたフェルスタッペンが、0.044秒差で2番手に付けた。0.15秒差でリカルド。ハミルトン、ライコネン、ベッテルが続き、中団勢トップにはロマン・グロージャン(ハース)がつけた。

 その後はウルトラソフトのストフェル・バンドーン(マクラーレン)を除く19台が、ハイパーソフトでのロングランに移る。ベッテルがフロントのグレーニングを訴えるなど、フェラーリはデグラデーションが酷い。対照的にメルセデスとレッドブルは、安定したペースで周回を重ねている。

 トロロッソ・ホンダは、ガスリーが11番手。ブレンドン・ハートレーは約0.5秒遅れて、16番手だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します