現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シロトキン放出のウイリアムズにスポンサーが決別宣言「不快な驚きを覚えるほどのパフォーマンスの低さ」と批判

ここから本文です
スポーツ 2018.11.23

シロトキン放出のウイリアムズにスポンサーが決別宣言「不快な驚きを覚えるほどのパフォーマンスの低さ」と批判

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズF1チームは、2019年に向けてジョージ・ラッセルのチームメイトとしてロバート・クビカと契約、ドライバーラインアップが確定した。それによりにセルゲイ・シロトキンは放出されることになったが、彼を後援するSMPレーシングは、ウイリアムズのパフォーマンス不足から、自分たちが提携を終えるという判断を下したと主張した。

 今年初めにウイリアムズがシロトキンをレースドライバーに指名するという決断を下したのは、彼の母国ロシアの金融グループSMPが多額の支援金を用意したことが最大の理由だったと考えられている。

    ウイリアムズF1「安定した力を発揮するクビカの加入は、チーム復活の助けになる」

 しかしシロトキンは2019年に残留することができなかった。このニュースを受けて、SMPレーシング創設者ボリス・ローテンバーグは、シロトキンのウイリアムズからの離脱は、チームの今季の低迷を受けてSMPが主導したと主張した。

「我々はウイリアムズ・マルティーニ・レーシングチームとの共同プロジェクトにおいてのF1世界選手権参戦を継続しないという決定を下した」と木曜日に発表された声明の中でローテンバーグは説明した。

「シーズン開始時のチームのパフォーマンスレベルには不快な驚きを受けた上、マシンの開発速度も低すぎるということが分かった」

「それにも関わらず、その状況の中で何とかセルゲイはシーズンを良いものにし、100パーセントの力を出し切り、目前に設定された課題を完全に遂行した」

「我々は彼の仕事に満足しており、現在は彼のレースキャリアが前進するための選択肢を模索している」

 ウイリアムズはF1コンストラクターズランキングの最下位につけており、2018年にポイントを獲得したのはわずか2レースに留まっている。

 今年F1にデビューした23歳のシロトキンは、モンツァで10位に入ったのがここまで唯一のトップ10フィニッシュだが、年間を通してチームメイトのランス・ストロールと互角の力を見せていた。

「残念だけど、来年僕はF1に参戦しないだろう」とシロトキンはソーシャルメディアに投稿した。

「とても長くて難しい1年だった。すべてが僕が望んだような結果になったわけではなかった」

「でも僕は進み続けた。相応しい結果を達成することに、僕のすべての努力と魂を込めたんだ。正直に言うと、状況を考えれば僕たちは立派な仕事をしたと思うよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します