現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1復帰のロバート・クビサ、喜びのコメント「ここまで長い道程だった……でも、これからコース上での新しいチャレンジが始まる」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.22

F1復帰のロバート・クビサ、喜びのコメント「ここまで長い道程だった……でも、これからコース上での新しいチャレンジが始まる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロバート・クビサが、2019年のレギュラードライバーとして、ウイリアムズに加入することが決まった。2010年以来、9年ぶりのF1復帰となる。


 クビサは当初、2018年のレギュラーシート復帰を目指していた。しかしながら、ウイリアムズは結局ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンを起用。クビサはリザーブ&テストドライバーを務めることとなった。

    ■ジェンソン・バトンが語る山本尚貴(1)「F1をテストしてみるべき。僕もそれを見てみたい」

 しかしその1年の間に、クビサの能力をウイリアムズ側が認め、今回の起用に繫がったとみられている。チームメイトは、既に発表されている通り、ルーキーのジョージ・ラッセルである。


「まず最初に、ここ数年にわたって、僕の人生の困難の時期を支えてくれた皆さんに、感謝したいと思う」

 クビサはウイリアムズのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「F1のグリッドに戻るのは、とてもチャレンジングな”旅”だった。でも、ほとんど不可能だと思われたことが、今では可能なことのように感じ始めている。2019年にF1のグリッドに戻ると言えることについて、興奮しているようにね」

「ここまで来るのは、確かに長い道程だった。でも、この発表によってその挑戦が終わると、今度はウイリアムズとのコース上での新たなチャレンジが始まる」

 ウイリアムズは今季大苦戦。かつての名門チームの面影はなく、コンストラクターズランキングでも最下位に沈んでいる。

「簡単なことではないだろう。しかし懸命に、そして熱心に働き、ジョージとも協力して、チームがより良い形になり、グリッドのポジションを上げる手助けしようとしている」

「チームにとって、今年は非常に厳しい1年だった。でも、僕はたくさんのことを学んだ。このチャンスを与えてくれた、フランク(ウイリアムズ)とクレア(ウイリアムズ)に感謝したいと思う」

 久々にF1復帰を果たすクビサ。彼がどんな走りをするのか、今から楽しみなところである。

「来シーズンF1のグリッドに戻ってくるのは、僕の人生における最大の成果のひとつと言えるだろう。そしてハードワークと献身によって、共に素晴らしい結果の達成を目指すというモチベーションを、チームにもたらすことができると、僕は確信している」

「僕を支え、そして僕を信じてくれた皆さんに、もう一度感謝したい。ついに僕は、F1マシンに戻ってくることになった。そして、レースをするのが待ちきれない!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します