現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 高性能ボートメーカーとコラボした『アバルト695 リヴァーレ』登場。405万円から

ここから本文です
スポーツ 2018.11.22

高性能ボートメーカーとコラボした『アバルト695 リヴァーレ』登場。405万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィアットの高性能モデルとして、往年の名称とともにサソリの伝統を受け継ぐ『アバルト695』と、そのキャンバストップモデル『アバルト695C』に、ラグジュアリーボートメーカーであるRiva(リーヴァ)社とのコラボレーションにより実現した限定車『アバルト695/695Cリヴァーレ(695/695C Rivale)』が登場。11月9日から発売が開始されている。

 ラグジュアリーボートメーカーのリーヴァ社は、イタリアの老舗ボートブランドとして世界的な名声を得るとともに、高性能パワーボートの草分け的存在としてさまざまなボート競技にも情熱を注ぎ、レースや速度記録の上で数々の金字塔を打ち立ててきた。

    “イオタ”の名を冠した最新スーパーカー、『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開

 その革新的なボートづくりを極める飽くなき探求心と勝利への情熱に共鳴したアバルトブランドは、リーヴァ社製の最新鋭56フィート高性能フライブリッジボート『リヴァーレ』からインピレーションを受け『アバルト695』、『アバルト695C』の内外装を特別にデザイン。今回のコラボレーションが実現することとなった。

 ボディカラーにはアクアマリンのアクセントラインが特徴となる専用の“Bicolore Blu/Grigio Riva(ブルー/グレー)”を採用。17インチ専用ホイールやアクラポビッチ社製のカーボン仕上げハイパフォーマンスエキゾーストシステム、サイドとリヤに施された『695リヴァーレ』のエンブレム、そして随所にあしらわれたクロームパーツがアクセントとなり、高性能フライブリッジボートにも通じるラグジュアリーな雰囲気がより一層高められている。
 ブラックを基調とするインテリアには、ブルーレザーを用いたシートやメーターフード、ステアリングホイールを組み合わせるとともに、ダッシュボードやステアリングホイールの一部にはアクセントとしてマホガニーをあしらうことで、ラグジュアリーなデッキを彷彿とさせる極めて上質かつ洗練された空間を実現した。

 その心臓部にはアバルトの名に恥じない性能を誇る180PS/250Nm(SPORTスイッチ使用時)の1.4リッター直列4気筒インタークーラーターボを搭載。5速AMTにはシーケンシャルモードも備えられ、アバルト史上“最上の洗練”を追求した内外装とともに、スポーツドライビングを堪能するための仕様となっている。

 限定台数は全150台となり『695リヴァーレ』が85台、『695Cリヴァーレ』が65台となり、価格はそれぞれ405万円、422万円となっている。

公式サイト:https://www.abarth.jp/limited/695_rivale

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します