現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “イオタ”の名を冠した最新スーパーカー、『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開

ここから本文です
スポーツ 2018.11.21

“イオタ”の名を冠した最新スーパーカー、『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月21日(水)、神奈川県横浜市で『Lamborghini DAY JAPAN 2018』が開催され、同社の最新スーパースポーツカーである『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開された。

 2018年8月に世界初公開されたアヴェンタドールSVJは、6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h以上を誇るスーパーカー。ランボルギーニが特許を持つアクティブ・エアロダイナミクス・システム“ALA2.0”が盛り込まれたほか、カーボンファイバー製パーツが多く採用されている。

    ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、ニュル北コース量産車最速を更新

 このスーパーカーは、ドイツのニュルブルクリンク北コースにおいて、2016年に『ウラカン・ペルフォルマンテ』がマークした6分52秒01という当時の量産車最速タイムを約7秒更新し、6分44秒97というベストタイムをマークするパフォーマンスをみせた。

 車名の『SV』はスーパーヴェローチェ(超高速)の略称で、ミウラ、ディアブロ、ムルシエラゴが冠した名前。そして『J』は、ランボルギーニがテスト車両として1台のみ制作し、テスト中の大事故で廃車となった幻のスーパーカー、イオタを意味する。

 そんなアヴェンタドールSVJがアジアで初公開された。ランボルギーニ・デイのなかで行われた発表会で、ランボルギーニのチーフ・コマーシャル・オフィサーを務めるフェデリコ・フォスキーニは「アヴェンタドールSVJは、パワーウエイトレシオ、空力、ハンドリングの3つの柱を軸に開発された」と開発の背景を語る。

「アヴェンタドールSVJには、戦闘機の要素をデザインに採り入れた。マフラーは戦闘機のジェットエンジンをイメージしてデザインがなされている」

「ニュルブルクリンク北コースでの6分44秒97という好タイムのおかげで、プレスだけでなく、顧客からも高評価を得ており、すでに100台が完売しているよ」

 また、発表会には2008~14年までフェラーリF1の代表を務め、現在はランボルギーニのCEOを務めるステファノ・ドメニカリも出席。「今年はランボルギーニにとって飛躍の年になった」とコメントした。

「そして、また来年もそのような年になるだろう。日本だけでなく、世界で記録を打ち立てることができた1年だった。しかし、これは未来に向けた一歩にすぎない」

 今回のランボルギーニ・デイでは、1968年に発売されたイスレロ、同じく1968年発売のエスパーダの2台が展示されたほか、2017年にランボルギーニ日本導入50周年を記念して発売されたアヴェンタドールSロードスター、SUVモデルのウルス、2018年のスーパーGT300クラスに参戦したマネパ ランボルギーニ GT3なども展示された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します