現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第65回マカオグランプリ:F3ワールドカップでの負傷者5名は生命の別状なしも、フローシュは脊椎骨折。坪井は経過観察

ここから本文です
スポーツ 2018.11.18

第65回マカオグランプリ:F3ワールドカップでの負傷者5名は生命の別状なしも、フローシュは脊椎骨折。坪井は経過観察

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第65回マカオグランプリは、11月18日に決勝レースがスタートしたが、レースは5周目にリスボア・ベンドで大きなクラッシュが発生し、赤旗中断となった。その後、マカオグランプリの主催者は5名の怪我人について状況を発表した。

 ダニエル・ティクトゥム(モトパーク・アカデミー)がリードして序盤戦が展開された今季のマカオGPで起きたクラッシュは、リスボア・ベンドで女性ドライバーであるソフィア・フローシュ(ファン・アメルスフールト・レーシング)が、ユアン・ダルバラ(カーリン)のマシンに乗り上げるかたちで、リヤからクラッシュしてしまったもの。

    マカオFIA F3ワールドカップ:赤旗中断の荒れたレースを制しダニエル・ティクトゥムが連覇を飾る

 フローシュのマシンは、イン側の縁石に乗り上げながら、アウト側でターンインしようとしていた坪井翔(トムス)のマシンのロールバーにヒット。さらにキャッチフェンスを突き破り、アウト側に設けられているカメラマン台に直撃した。このクラッシュにより5名が負傷することになったが、その5名に関する状況がレポートされた。

●ソフィア・フローシュ(#25 ドライバー)
症状:背中の痛み
診察結果:意識はあり、生命に別状はない。脊椎を骨折している

●坪井 翔(#31 ドライバー)
症状:腰の痛み
診察結果:腰の痛みについては経過観察

●チャン・チャ・イン(マーシャル)
症状:顔、頭部に外傷。神経に負傷はなし
診察結果:顔の裂傷。上腹部の負傷。上顎骨折

●チャン・ウェン・ワン(フィルムアシスタント)
症状:上腹部痛
診察結果:肝部裂傷

●南 博幸(フォトグラファー)
症状:顔、頭部に外傷
診察結果:意識はあり、生命に支障はない。脳震盪がある

 坪井自身は18時過ぎにピットに戻ったが、坪井車のロールバーにはくっきりとフローシュのマシンがヒットした痕があり、非常に危険なクラッシュだったことが分かる。坪井のヘルメットもフィンの部分が破損していたとのこと。チームからも坪井の安静を優先するよう依頼があったため、オートスポーツwebでは取材は差し控えた。本人は元気な様子だが、チームでは今晩経過を観察し、帰国のタイミングを検討するという。

 また、南博幸フォトグラファーは、事故当時フォトグラファースタンドで坪井を撮影中で、クラッシュの衝撃によりうしろに跳ね飛ばされたという。その後すぐに立ち上がり撮影を続けたようで、カメラにそのデータはあるが、記憶はないとのこと。現在は入院し安静にしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • acc*****|2018/11/19 12:04

    違反報告

    負傷者が出たがとにかく死亡事故にならなくて本当に良かった。ソフィアの車がフロントからダイブしたらヤバかったし坪井の車に当たる場所もちょっとずれたら。あとリスボアのフェンスとカメラマンスタンドがなければホテル前に直撃だったかもしれん。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します