現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第65回マカオグランプリ:ファーフス&BMWがシュニッツァーのラム代表に捧げる勝利を飾る

ここから本文です
スポーツ 2018.11.18

第65回マカオグランプリ:ファーフス&BMWがシュニッツァーのラム代表に捧げる勝利を飾る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第65回マカオグランプリは11月18日、現地時間12時25分からFIA GTワールドカップの決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートしたアウグスト・ファーフス(BMW M6 GT3)がメルセデス勢の追撃をかわし優勝。このレースで勇退となるチーム・シュニッツァーのチャーリー・ラム代表に捧げる勝利を飾った。

 2015年からFIA国際自動車連盟により、FIA GTワールドカップとして開催されているマカオグランプリのGTレースは、いよいよ最終日を迎えた。前日の予選レースでクラッシュしたローレンス・ファントール(ポルシェ911 GT3 R)をのぞく14台がグリッドに着き、うっすらと陽が差すなか迎えたスタートでは、ポールポジションのファーフスがリードを広げるも、序盤2番手スタートのラファエル・マルチェッロ(メルセデスAMG GT3)がリスボア・ベンドでコースアウトしてしまう。

    【順位結果】第65回マカオグランプリ FIA GTワールドカップ 決勝

 メルセデス勢はマルチェッロがポジションを落としたものの、マーロ・エンゲル、エドアルド・モルタラというふたりがレースのほぼ全周に渡ってファーフスのBMWを追う展開となる。しかしファーフスは最後は0.981秒差の差をつけ逃げ切った。

 このレースでファーフスのBMW M6 GT3には『THANK YOU, CHARIE!』と今季限りで勇退するBMWチーム・シュニッツァーのチャーリー・ラム代表に最高のプレゼントを贈ることに。サインガードでレースを見守ったラム代表は、うっすらと涙を浮かべた。

 パルクフェルメでラム代表をはじめ、チームメンバー全員と抱擁をかわしたファーフスは「僕たちはいつも一緒にレースを戦ってきて、チャーリーをずっと信頼してきた。すごく特別な勝利だで、感情的になっている。チャーリーありがとう」とコメント。2位のエンゲル、3位のモルタラも「BMWとアウグスト、チャーリーにおめでとうと言いたい」とシュニッツァーの勝利を讃えた。

 また、ラムも「魔法をかけられているような素晴らしい時間だ。自分のキャリアにとっても最高の瞬間になった。ファンの皆さんにとってはオーバーテイクが少ないレースになってしまって申し訳ないけどね(笑)。BMWとみんなに感謝を伝えたい。ありがとう」と語った。

 2位はエンゲル、3位はモルタラ。4位はアール・バンバー(ポルシェ911 GT3 R)、5位はロビン・フラインス(アウディR8 LMS)となった。KCMGから3台が参加したニッサンGT-RニスモGT3勢は、アレキサンドレ・インペラトーリが10位フィニッシュ。最後尾スタートだった松田次生は、トラブル続きだったこの週末、ようやくきっちりと走ることができ、ダリル・オーヤン(ポルシェ911 GT3 R)をかわし13位でチェッカーを受けている。

「今日はあまりデータがないなかでのレースとなりましたが、思ったよりも路面ができていましたね。僕たちはちょっとロール量が大きかったのですが、なんとか1台ポルシェだけは抜きたいと思って、前に出られました」と次生。

「まだまだ課題は多かったですが、19年ぶりのマカオを楽しむことができました。このデータを次に活かせるようにして欲しいですし、もしチャンスがあれば、またマカオに挑戦したいです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します