現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC上海:FIA、コルベットの最低重量を修正。原因はBoPの“エラー”

ここから本文です
スポーツ 2018.11.16

WEC上海:FIA、コルベットの最低重量を修正。原因はBoPの“エラー”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月16日から走行が開始されているWEC世界耐久選手権第5戦上海6時間レース。同ウンドにスポット参戦するコルベット・レーシングのシボレー・コルベットC7.Rの最低重量が事前に発表されていたBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)数値より28kg軽くなることが分かった。

 今回、LM-GTEプロクラスに参戦する64号車コルベットC7.Rは北米の耐久シリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)でチームタイトル3連覇中のコルベット・レーシングが走らせるワークスカー。ドライバーにはWSCCで4号車コルベットを駆るオリバー・ギャビン、トミー・ミルナーが起用されている。

    WEC:上海用EoT&BoP発表。LMP1ノンハイブリッド勢の最大使用エネルギー量が緩和

 そんなコルベットは、FIA国際自動車連盟が10月22日付けで発表した上海ラウンドのBoPで、マシン最低重量がル・マン24時間レース参戦時の1248kgから大幅増やされた1276kgとなっていた。

 しかし、レースウイークの11月15日、FIAとACOフランス西部自動車クラブは、調整値にエラーがあったとして、これを修正。コルベットC7.Rはル・マン参戦時とほぼ同じ1248kgでフェラーリ、ポルシェ、フォード、アストンマーチン、BMWが激しい戦いを繰り広げるGTEプロクラスに臨むこととなった。

「私がACOとFIAからもらった情報は、初期のBoPにエラーがあったため、それを修正したという本当に限られた情報だけだよ」と語るのはコルベット・レーシングのチーム・マネージャー、ベン・ジョンソン。

「彼らがどのような経緯でそのような結論に至ったのかは分からないが、我々としてはル・マンでのBoPに近い数値に戻ったことを喜んでいる。ル・マンではいい結果を残せているからね」

 WECのLM-GTEクラスに課せられているBoPは現在、ル・マン24時間のものを除き人工知能(AI)が各車両から得られる過去2レース分のロガーデータを基に自動製作されている。しかし、コルベットの数値についてはデータが不足するためこれを行うことができず、手動での調整が行われている。

■上海組スタッフはWSCCの精鋭部隊

 WSCCでのチームメンバーは通常、14~17人で構成されているが、WECチームでは約20名を要する。そこで今回、コルベット・レーシングはWSCCの3号車と4号車のスタッフの中から選抜したメンバーを上海に送り込んでいるという。

「3号車と4号車のミックスチームは、ここ上海で必要なスキルを持つスタッフたちを集めた」とジョンソン氏。


「我々は経験のない国で多くのことを学びながらレースをする必要があるため、通常降りも多くの人員を抱えている。それでも、今のところ本当にうまくいっているよ。アメリカでもそうだが、ひとつのチームとして働いているから場所が変わっても問題はないんだ」


「(上海はチームにとって)未知のトラックだから、できるだけ多くのことを想定し準備をしてきている。競争力をきちんと発揮できるよう、多くの情報を収集していくつもりだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します