現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 来季インディカー挑戦のローゼンクヴィスト、メルセデスからの解放を待つウェーレインの代役に。古巣からフォーミュラE開幕戦に参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.11.16

来季インディカー挑戦のローゼンクヴィスト、メルセデスからの解放を待つウェーレインの代役に。古巣からフォーミュラE開幕戦に参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェリックス・ローゼンクヴィストは、パスカル・ウェーレインの代役として、古巣マヒンドラからフォーミュラEシーズン5の開幕戦ディルイーヤePrixに参戦する。

 2018年はフォーミュラEと日本のスーパーGTに参戦していたローゼンクヴィスト。来季は名門チップ・ガナッシ・レーシングの一員として、インディカーに挑戦することが決まっている。そのため、シーズン4(2017/18)限りでマヒンドラを離脱していた。

    ローゼンクヴィスト「100%サヨナラというわけじゃない」将来のスーパーGT再挑戦を示唆

 その後、マヒンドラはウェーレインとジェローム・ダンブロジオの起用を発表。ローゼンクヴィストとニック・ハイドフェルドというシーズン4までのペアを一新した。

 ウェーレインはメルセデス育成プログラムに所属しているドライバーだが、今年限りでその契約が終了する。しかしその関係で、来年までレースができないのだという。

 そのため、12月14・15日にサウジアラビアの首都リヤドで行われるシーズン5の開幕戦は、チームをよく知るローゼンクヴィストがウェーレインの代役を務めることになった。

 ローゼンクヴィストは、シーズン5から導入される第2世代フォーミュラEマシン『Gen2』をプレシーズンテストでドライブしてはいないが、このマシンの初期開発作業には携わっている。

「マヒンドラ・レーシングのみんなと再びレースが出来て嬉しい」とローゼンクヴィストは語った。

「シーズン5で、フォーミュラEはエキサイティングな新しい時代の始まりを迎えるだろう」

「夏に開発段階の新マシンでたくさん走ったので、準備はできているはずだ。チームが新しいシーズンで成功を収めるために、ベストを尽くす」

 なお、マヒンドラは1月に行われるマラケシュePrixからはウェーレインがレースを行うと明言している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Tom Errington)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します