現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ、新型セダン『カローラ』『レビン』を中国・広州モーターショーでワールドプレミア

ここから本文です
スポーツ 2018.11.16

トヨタ、新型セダン『カローラ』『レビン』を中国・広州モーターショーでワールドプレミア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月16日
プレスリリース

TOYOTA、新型カローラ シリーズのセダンを中国 広州国際モーターショーで世界初披露
2019年から、世界150以上の国・地域で発売

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

新型カローラ シリーズ セダンの主なポイント
●TNGAによる低重心でスポーティなエクステリアデザインと上質なインテリア

●プラットフォーム刷新による走りの基本性能などの大幅な向上

●最新のToyota Safety Senseの設定を通じた先進安全機能の強化

●「コネクティッド」による「安全・安心」「快適・便利」なサービスの提供

●ハイブリッド車を新たに90以上の国・地域に導入

 TOYOTAは、11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーにおいて、新型カローラ シリーズのセダン(中国名:『カローラ』および『レビン』)を世界初披露しました。
 
 新型モデルは、基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームをベースに、国・地域のお客様特性に応じて、アクティブさを強調したスポーティモデル(北米、中国『レビン』、日本など)と、堂々とした上級感を表現したプレステージモデル(中国『カローラ』、欧州など)の2タイプを設定しています。

 新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売します。なお、日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本のお客様や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定です。

 世界初披露に際して、開発責任者を務めるチーフエンジニア(CE)の小西良樹は「新型モデルは『見てカッコよく、乗って、走って楽しいクルマ』を目指して開発しました。また、クルマ本来の楽しさだけではなく、新たな価値を生み出すつながる機能として『コネクティッド』も拡充することで、世界中のお客様のモビリティライフを豊かにするクルマにしていきたいと考えています。世界中に数多くのお客様がいるカローラシリーズは、トヨタがTNGAの取り組みを通じて進めてきた『もっといいクルマづくり』の成否を占う重要なクルマだと考えています。お客様には、トヨタのクルマづくりが変わったことを必ず実感いただけると確信しています」と語りました。

■新型カローラ・レビン 広州MSリビール映像


 カローラシリーズは、1966年に日本で初代を発売して以降、派生車型も含めて、世界で累計約4600万台以上を販売してきたトヨタのグローバルベストセラーカーです。信頼性や使い勝手の良さをDNAとして受け継ぎながら、時代のニーズにあわせた先進装備や機能を導入し、各世代のカローラは進化を続けてきました。

 12代目となる今回のモデルは、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革であるToyota New Global Architecture(TNGA)の取り組みをもとに、2018年夏に発売したハッチバックや、2019年初旬に欧州などで発売するワゴンも含めて、グローバルでプラットフォームを統一し、効率的な開発を進めることにより商品力の大幅な向上を実現しています。
 
 また、今回から、欧州などで展開するハッチバックやワゴンのシリーズ名をカローラに統一し、カローラブランドのさらなる強化を図っていきます。

 基本性能においては、プラットフォーム刷新により、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能などを大きく向上させています。また、さまざまな国・地域のお客様にお乗りいただくグローバルカーとして、世界5大陸で延べ100万キロの走行試験を実施し、“走る喜び”をより感じていただけるクルマに仕上げました。

 エクステリアは、“シューティング・ロバスト(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)”をコンセプトとし、TNGAプラットフォームの採用により、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現しています。

 インテリアにおいては、“センシュアス・ミニマリズム(シンプルでありながら感性に響くデザイン)”をコンセプトとし、薄型インパネによる心地よい開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインを追求しています。

 新型モデルは、国・地域のお客様の特性に応じて、TNGAの新型パワートレーン(2.0L Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MTほか)など、ニーズに合わせたさまざまなパワートレーンを設定し、走行性能・環境性能を向上させています。
 
 加えて、最新のハイブリッド技術を搭載したモデルを新たに90以上の国・地域に投入し、電動車両をグローバルに普及させる重要な役割を担っていきます。また、先進安全装備においても、国・地域に応じて最新のToyota Safety Senseの設定を拡充し、より安全なクルマの普及を推進する役割を担っていきます。

 さらに、新型モデルにおいては、人とクルマ、クルマと社会がつながり、ひとりひとりのお客様にあった“安全・安心”“快適・便利”なコネクティッド機能・サービスを国・地域ごとに提供していきます。中国では、車載通信システムであるDCM(Data Communication Module)の標準搭載によりクルマをつなげることで、24時間・365日お客様を見守り、ジャスト・イン・タイムなサービスなどを提供する“トヨタコネクティッド(中国名:豊田智行互聯)”を全グレードに設定します。
 
 米国ではApple CarPlayやAmazon Alexaとの連携をはじめとするさまざまなコネクティッド・マルチメディア機能、欧州では事故や急病時にオペレータに接続して車両位置情報に基づき緊急車両を手配するサービスなどをご利用いただけます。

新型カローラ シリーズ セダン 主要諸元[現行型との差]
『カローラ』『レビン』共通
全長:4640mm[+10]
全幅:1780mm[+5]
全高※:1435mm[-45]
ホイールベース 2700mm[±0]
※広州国際モーターショー展示車

■新型カローラ デザイン映像(スポーティモデル)


■新型カローラ デザイン映像(プレステージモデル)


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します