現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:第13戦オーストラリアのシェイクダウンで逆転狙うトヨタのタナクが2番手タイ。オジエ最速

ここから本文です
スポーツ 2018.11.15

WRC:第13戦オーストラリアのシェイクダウンで逆転狙うトヨタのタナクが2番手タイ。オジエ最速

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のWRC世界ラリー選手権最終戦、第13戦オーストラリアは15日、イベント開幕前のシェイクダウンが行われ、セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がトップタイムを記録した。2番手タイにはオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)がつけている。

 近年まれに見る接近したチャンピオン争いが繰り広げられている2018年のWRC。その最終戦はシリーズ唯一の太平洋圏イベントであるラリー・オーストラリアだ。

    逆転チャンピオン狙うトヨタのタナク「自分の力をすべて出し切る」/WRC第13戦オーストラリア 事前コメント

 シェイクダウンは、サービスパークが設置されているコフスハーバーから北へ向かったエリアで15日の現地8時からスタート。全長5.07kmのグラベル(未舗装路)を舞台に行われた。

 このシェイクダウンステージの一部は18日(日)に行われる最終ステージのSS24でも使われるため、各ドライバーはマシンの感触を確かめながらセットアップを煮詰めていった。

 ランキング3位につけ、逆転チャンピオンを狙うタナクはステージ4回目の走行で2分54秒のタイムを記録。同じく4回目の走行で同タイムを記録したアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)とともに暫定トップタイにつけた。

 しかし、その後にアタックしたオジエがタナクとミケルセンを0.2秒上回る2分53秒8のタイムを記録してトップに浮上。そのままシェイクダウンは幕を下ろした。

 オジエと3点差のランキング2位につけるティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)は2分54秒1で4番手。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は7番手、エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は8番手でシェイクダウンを終えている。

 ラリー・オーストラリアは、このあと現地夕方ごろにセレモニアルスタートが行われ、16日(金)の現地8時3分(日本時間6時3分)に行われるSS1で開幕。この日はSS8までの8SSが行われる。






  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します