現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースがダブル入賞「ライバル、ルノーを周回遅れにできたのは最高だった」と代表:F1ブラジルGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

ハースがダブル入賞「ライバル、ルノーを周回遅れにできたのは最高だった」と代表:F1ブラジルGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ブラジルGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは8位、ケビン・マグヌッセンは9位だった。ランキング4位のルノーを追うハースは、今回ダブル入賞を果たしたものの、ルノーとの差は残り1戦で24ポイントとなっている。チーム代表ギュンター・シュタイナーは、「ルノーを周回遅れにできたのは最高だった」と述べている。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=8位
 満足いくレースができた。チームにとってもいい結果だったと思う。1周目に(マーカス・エリクソンと接触して)マシンにダメージを負ったことを考えると、すごい結果なんじゃないかな。ダウンフォースを大量に失っていたんだ。これだけのラップタイムで走ることができたのは、素晴らしいセットアップでマシンを仕上げていたからだと思う。

    元F1王者エマーソン・フィッティパルディの孫、ピエトロがハースのテストドライバーに就任

 ダメージがなければ、余裕でトップ3チームのすぐ下の位置でフィニッシュできたはずだ。でも8位と9位という結果には満足だ。ルノーとのポイント差はとても大きいけれど、シーズン最後の2戦でダブル入賞ができたら、とてもいい形で冬を迎えることができるだろう。

ケビン・マグヌッセン 決勝=9位
 1周目は不運だった。いいスタートを切って、ターン1とターン2をうまく抜けていった。でもターン4で押し出されていくつかポジションを失ってしまった。だからその後、順位を挽回してロマンとのギャップを縮めるため、プッシュしていかなければならなかったんだ。彼の後ろまで来た後はポジションをキープした。

 またチームがダブル入賞を達成できてうれしい。昨日の予選は不運で、本来のポジションをつかめなかったから、そこから挽回できてよかった。ダメージを最低限に抑えることができた。ポイントを獲ってこの週末を終えられたのはよかったよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します