現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニッサン 2018スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

ニッサン 2018スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで随所で接近戦、MOTUL AUTECH GT-Rが7位入賞

スーパーGT 2018第8戦 レースレポート
11月11日 ツインリンクもてぎ

    RAYBRIG山本&バトン、KeePerとの直接バトルを制してチャンピオン獲得。ホンダに8年ぶりのタイトルをもたらす

 スーパーGT第8戦『MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL』の決勝レースが行われ、予選9位からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が7位入賞となりました。

 今シーズンを締めくくるにふさわしい、見事な秋晴れのなかで決勝レースがスタート。#23 GT-Rのスタートドライバーを務めたクインタレッリは、タイヤのウォームアップが早かった後続に先行を許し、オープニングラップは11位で終えました。その後一つ順位を上げて10位になりましたが集団の中で思うようなペースで走れず、チームは18周を終えて早めのピットインを選択。松田にドライバー交代すると、暫定13位でコースに復帰しました。
 
 このとき、同じタイミングでピットに戻ってきた1台をピット作業で逆転。全車がピット作業を済ませた30周目には9位までポジションアップに成功していました。松田は35周というロングスティントになり、終盤にはクインタレッリ同様に集団での接近戦に。
 
 前方での接触アクシデントの影響を受けて、背後に迫っていた#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)にいったん先行されたものの、50周目に抜き返し、さらに1台がコースアウトにより後退したことで7位に浮上してチェッカーを受けました。チャンピオンシップポイントを4点追加した#23 GT-Rは、ドライバーズランキング8位となりました。

 予選8位からスタートした#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲/千代勝正)は、千代がスタートドライバーを務めました。上位陣の中で数台がレース前半でのピットインを選択していくなか、#3 GT-Rはレースの折り返し地点となる27周目にピットイン。本山にドライバー交代してレース後半をスタートします。
 
 本山は、前を走る#39 LC500と激しいポジション争いを展開。ゴールラインで100分の7秒差まで追い詰めましたが、わずかにオーバーテイクには届かず、9位でフィニッシュとなりました。
 
 予選11位スタートの#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠)は10位フィニッシュ。予選14位スタートの#12 GT-Rは徐々に順位を上げ、終盤には8位までポジションを上げましたが、ガス欠症状で最終ラップで順位を下げ、11位でレースを終えました。

ロニー・クインタレッリ(#23 MOTUL AUTECH GT-R/決勝7位)
「スタートドライバーを担当して、1周目は行けると思ったのですが、ライバル勢のウォームアップが良く、少し順位を下げてしまいました。3周目あたりからペースは上がりましたが、それでも抜きづらいコースで前に出るほどの速さではありませんでした」

「早めのピットイン作戦は良かったと思います。今シーズンは第2戦で優勝できましたが、夏場からは周りも速くなり、苦しいシーズンになりました。見直すべきところはたくさんあって、エンジニアたちとはもうその話が始まっています。来年は日産の年になるよう、みんなで力を合わせて頑張っていきます。応援ありがとうございました」

松田次生(#23 MOTUL AUTECH GT-R/決勝7位)
「ロニーのスティントで前のクルマに詰まっていたので、クリアなところで走れるように、またアンダーカットも狙って早めのピットインになりました。タイヤがいい時にはペースも良かったと思いますが、周回遅れなどに引っかかるとペースが上げられなかったのは厳しかったですね」

「最後、6号車に近づいていましたが、あまり無理もできず抜けなかったのは不完全燃焼です。今シーズンを振り返ると、第2戦で(自身)通算20勝を挙げられたことは良かったですが、そのあとは本当に苦しいシーズンでした」

「そんななかで最終戦を戦い、やれることをやり切ってポイントを獲ることができた。これを来年につなげ、挽回していきたいと思います。応援ありがとうございました」

GAINER TANAX GT-Rが5位入賞

 予選6位の#11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)は安田がスタートを担当。オープニングラップで2台をかわすと、18周目には3位、翌周には2位、そして21周目にトップ車両が早めのピットインをすると暫定トップに躍り出ます。そして24周目にピットインして平中に交代。給油、タイヤ4本を交換してコースへ戻りました。
 
 上位陣のピット作業が一段落すると、#11 GT-Rの平中は5番手を走行。4台による2位争いを演じましたが、コーナーでは前に詰め寄るもののストレートでは引き離される展開が最後まで続き、5位でフィニッシュしました。この結果によりチャンピオンシップポイントを6点加算した#11 GT-Rは、シリーズランキング5位となりました。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します