現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、11番グリッドから4位「降格されたときは必ずマシンが速いみたいで複雑な気分」:F1ブラジルGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

リカルド、11番グリッドから4位「降格されたときは必ずマシンが速いみたいで複雑な気分」:F1ブラジルGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ブラジルGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは4位だった。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=4位
 自分のレースに満足している。チームの皆もとても頑張ってくれた。ただ、あと少しのところで表彰台に届かなかったから残念だ。

    勝利を奪われ憤るフェルスタッペンとバックマーカーとしての権利を主張するオコン。最後は握手で和解

(3位の)キミ(・ライコネン)に追いついて、表彰台は見えていた。でも残念だけどつかむことはできなかった。

 今回も戦略がうまくはまったし、自分たちには何のミスもない。コース上ですごいバトルができて楽しかった。(バルテリ・)ボッタスを抜いた時なんて最高だったよ。無線でチームに「やるぞ」と宣言して、そのとおり、やってのけた。

 セブ(ベッテル)とのバトルもクールだったね。1回か2回当たったかもしれないけど、僕はいつだって彼のことを尊敬しているし、彼のレースの仕方に敬意を抱いている。これまでも何度かコース上で戦って、時にはヒートアップしたこともあるが、僕らは互いに境界線を把握している。

(降格)ペナルティを受けるレースは必ずマシンが速いみたいで悔しいよ。もっと上位からスタートしていれば、すごくいい結果を出せたはずだ。複雑な心境だ。確かに今日はいいレースをしたが、予選順位からスタートしていたら、これ以上の順位をつかめたはずなんだ。11番手からのスタートでは、これが精いっぱいだと思う。

 でも今日のレースに関しては何ひとつ後悔すべき点はない。僕もチームもやれることはすべてやった。だからこの結果を受け入れるしかない。

 今日はマシンのペースがとてもよかったから、前向きな気持ちでアブダビに向かうことができる。ここよりも僕らのマシンに向いているサーキットだと思うので、(アブダビの表彰台用の)フェイクのシャンパンを飲めるかもしれないよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します