現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー、16番グリッドから11位「キャリア最高のパフォーマンス。ポイントに届かず残念」:トロロッソ・ホンダ F1ブラジルGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

ハートレー、16番グリッドから11位「キャリア最高のパフォーマンス。ポイントに届かず残念」:トロロッソ・ホンダ F1ブラジルGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ブラジルGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは11位だった。

 ハートレーは16番グリッドからミディアムタイヤでスタート、49周というロングスティントを走り、11番手に浮上。スーパーソフトに交換して12番手となったが、終盤ピエール・ガスリーの前に出て11番手に上がった。

    ガスリー、ハートレーとの順位入れ替えを拒否「ポイント圏外なら、自由にレースさせてほしい」:トロロッソ・ホンダ F1ブラジルGP日曜

 終盤、新しいスーパーソフトを履いたハートレーは、古いミディアムを履いたガスリーに追いつき、後ろから追い上げてくるマシンがいたこともあり、自分を前に出すようチームに頼んだ。チームはガスリーにポジション交代を指示したが、ガスリーは数周にわたってこれを拒否。しかし最後から2周目にハートレーはガスリーを追い越すことができた。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=11位
 とてもいいレースをしたと思う。それがポイントで報われないのは悔しいけれど、今日は上位勢でリタイアするクルマがなかった。

 ハード側のコンパウンドでスタートしたから、最初の数周は難しかった。それでもいいスタートを決めて、何台かオーバーテイクすることもできた。

 このレースで成功するには、ファーストスティントでできるだけ長くタイヤをいい状態に保つ必要があった。ピットウォールからもらう情報を役立てて、戦略をうまく機能させることができた。

 今回のレースでは僕のF1キャリアのなかでも最高レベルのパフォーマンスを発揮することができたと思う。ただ、ポイントというご褒美がないことが残念だ。

 一方で、メキシコでのレースペースは素晴らしかったのに、2週間後のここブラジルでは苦労した。次戦までにその理由を突き止めるため、チームは分析に取り組んでいくことになるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します