現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン「マシンの感触がよくなってきた。予選4番手は理想的でないが、決勝ではいい戦いができそう」:F1ブラジルGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.11

ライコネン「マシンの感触がよくなってきた。予選4番手は理想的でないが、決勝ではいい戦いができそう」:F1ブラジルGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ブラジルGPの土曜予選で、フェラーリのキミ・ライコネンは4番手だった。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=4番手
 今週末はかなり苦労してきたが、予選はここまでで一番いいセッションになった。もちろん結果は理想的ではなかったけれど、いい仕事ができたと思う。今日はマシンに満足できたので、それは明日に向けて前向きな要素だ。

    ベッテルが車重計測の際に問題行動も、グリッド降格を免れる。戒告と320万円の罰金処分に

 Q2はコンディションが難しく、雨のリスクもあったものの、ソフトタイヤで出ていくことに決めた。ソフトでレースをスタートしようと考えたからで、これはうまくいったよ。僕らにとってはそれが最善の選択だと思っている。ただ、レースではいろいろなことが起きるので、様子を見ていこう。

 最後のアタックラップは、序盤はとてもいい走りができていたものの、最終セクターで少しタイムを失った。最終コーナーで取り戻そうとしてみたけれど、ラップタイムを縮めることはできなかった。

 前にいるドライバーたちとのタイム差はとても小さい。接戦だったんだ。明日のレースはすごく面白くなるだろうね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します