現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ベッテル、抜き打ち車重計量で指示を無視。叱責&罰金320万円を科せられるも、グリッド降格は免れる

ここから本文です
スポーツ 2018.11.11

セバスチャン・ベッテル、抜き打ち車重計量で指示を無視。叱責&罰金320万円を科せられるも、グリッド降格は免れる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ブラジルGPの予選Q2で、スーパーソフトタイヤを装着してコースインして行った。しかし1周を走ったところでピットインし、ソフトタイヤを履くという英断を下し、このタイヤでQ2を突破……ソフトタイヤで決勝レースをスタートする権利を手にした。

 しかしベッテルは、ソフトタイヤを履くためにピットインした際、FIAの車重計測に呼ばれてしまうことになった。当時は雨がいつ強くなるかという状況だったため、できるだけ早くソフトタイヤに履き替え、再度コースインしたかったベッテル。そのため、計量台の前に置かれていたコーンを弾き飛ばし、計量中もできるだけ作業を早く終わらせるよう、FIAのスタッフを促した。

    アロンソ、2019年のインディ500参戦決定。悲願の三冠制覇へ

 ただこの時、ベッテルが指示を無視したと指摘。ベッテルは計量中もエンジンを止めることはなく、自力で計量台からマシンを下ろしてしまった。その結果、計量台が壊れ、FIAの技術代表であるジョー・バウアーの怒りを買うことになってしまった。

 この問題はスチュワードに報告され、予選後に召喚されることとなった。

 審議の結果、ベッテルは「イベントの安全と秩序ある行動のためのオフィシャルの指示に従わなかった」として、今シーズン1回目の叱責処分と、25000ユーロ(約320万円)の罰金を受けることになった。ただ、グリッド降格などのペナルティを受けることはなかった。

 ベッテルは計量中、最終的にはエンジンを止めたものの、通常の手順ではなかったと、説明されたという。

 スチュワードは今回の件について、次のように説明した。

「重量の計測が終わった後、彼は計量台からオフィシャルらによって降ろされるのを待たなかった。彼はオフィシャルの指示を誤解したのかもしれないが、マシンを再始動させ、計量台から自力で降りた。この行為は計量台を傷つける可能性があるため、本来の手順ではない」

「マシンの後方に飛ばされた計量台の部品で、誰かが傷ついたわけではない。そして、彼が計量台から降りた方法は、無謀なやり方ではなかった。しかしこの手順は、計量台の損傷や危険な状況が生じることを防ぐために、確立されたものだ。まさにそれが起きたことだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します