現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年、スーパーGTにマレーシア大会が復活。スーパーGT初のナイトレースとして開催

ここから本文です
スポーツ 2018.11.11

2020年、スーパーGTにマレーシア大会が復活。スーパーGT初のナイトレースとして開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGTを運営するGTアソシエイション株式会社はマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットを運営するHARO SPORTS&ENTERTAINMENT SDN.BHDとマレーシアでのレース開催の契約を締結。2020年にマレーシア戦が復活し、ナイトレースとして開催されることが明らかになった。

 これまでスーパーGTの海外ラウンドはマレーシアのセパン・インターナショナルサーキットで行われ、2014年からタイのブリーラムにあるチャーン・インターナショナル・サーキットで開催され、現在のところ同地での開催契約は2019年までとなっている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 今回、スーパー第8戦が開催されているツインリンクもてぎでHARO SPORTS&ENTERTAINMENT SDN.BHDでマネージングパトーナーを務めるファリザル・ビン・ハッサン氏とスーパーGTを運営するGTアソシエイションの坂東正明代表が共同会見を行い、開催契約に関する調印式も行われた。

 HAROのハッサン氏は「13年間、スーパーGTのレースは暑い太陽の下での開催でしたが、多くのファンに足を運んでいただいていました。ただ、今度のナイトレース開催でより多くの方にご来場いただきたいと思っている。我々HAROとしてはマレーシアだけでなく、東南アジアの各国々にスーパーGTという素晴らしいイベントとブランドを広めていきたい」とコメント。

 GTAの坂東代表も「GTAにとっても大変嬉しいことです。マレーシアにおけるスーパーGTの認知度向上に努めていきたいと思っています。セパンを運営するスタッフとともにモータースポーツの楽しさを共有し、モータースポーツをさらに取り込んでいきたいです」と語った。

 なお、現在開催されているタイ戦については、2020年以降の開催についてはまだ決まっていない。もし、こちらも開催契約が延長されれば、年に2回の海外戦開催が実現することになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します